この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

旅のエスプリ

ビーチや観光だけじゃない、ハワイと日本の深い縁 ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?

目からウロコのトラベル・コラム「旅のエスプリ」

旅のエスプリ Vol. 16

観光だけじゃない、ハワイと日本の深い縁

日本人にとって一番なじみの深い海外の観光地と言うと、真っ先に思い浮かぶのがハワイではないでしょうか。事実、2012年の統計では、ハワイに空路で訪問した観光客784万人のうち、489万人の米国本土に続き、145万人の日本からの観光客が2位となっています。これは全観光客の2割を占める数字であり、米国本土はハワイと同じ国だということを考えると、日本からの観光客が海外からではナンバーワンということになります。

v16_pic1

ことほどさように、日本人観光客と現地ハワイの観光産業は深い縁で結ばれています。しかし、日本とハワイのつながりはそれだけではありません。サトウキビ農園で働いた日系移民の末裔がハワイに根を下ろしていることも深い縁を象徴していますが、その根幹には、今から130年以上前の、ハワイ王国7代目、カラカウア王からの明治天皇への「ハワイへの日本人移民への渡航促進」要請があったのです。

ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?

カラカウア王、そう、ハワイ、ワイキキの目抜き通りにその名を残す、ハワイ王朝の最後から二番目の王様は1881年、世界一周の旅に出ました。サンフランシスコ経由で最初に訪れた国は、明治維新から13年後の日本でした。カラカウア王は日本を訪れた初の国家元首でした。王は明治天皇に謁見し、次の5つの事項を要請します。

1.姪のカイウラニ王女と山階宮定麿親王(東伏見宮依仁親王)との縁組み

2.日本とハワイの連邦化

3.日本、ハワイ間の海底ケーブルの敷設

4.日本主導によるアジア連邦設立

5.日本からのハワイと渡航移民の促進

米国と英国からの白人移民がハワイで権力を増幅させていた状況に、ハワイ王朝の存続の危機を実感したカラカウア王は、生き延びるには日本と手を組むしかないと、そこまで追いつめられていたのです。それには、王女と日本の皇族との政略結婚が最も効果的であると考えたのでしょう。しかし、長年の鎖国を解いた直後の明治政府にはそこまでの余裕はなく、少しでも早く西洋諸国に追いつくことが国としての最優先事項だったために、ハワイの王様からの要請を受けることはありませんでした。

バッキンガム宮殿よりもイオラニ宮殿

カラカウア王は、日本を発った後、中国、シャム(タイ)、ビルマ(ミャンマー)、インド、エジプト、イタリアをはじめとするヨーロッパ諸国を歴訪してハワイへの帰途に着きました。その1年後に、今もホノルル市内に残る、アメリカ国内で唯一のパレス、イオラニ宮殿が完成しました。

この宮殿、1887年には全館に電気設備が敷かれ、電話もお湯の出る浴槽も完備された、時代の最先端を行くものでした。電化に関しては、ニュージャージーのエジソン研究所を訪れたカラカウア王の発案によるもので、当時はまだイギリスのバッキンガム宮殿も電化されていませんでした。このことからも、カラカウア王が、いかに進取の気質の持ち主だったかがわかります。

[左]イオラニ宮殿に備え付けられた電話/[右]電気、電話の他に、水道設備、お湯が出る浴槽も完備されていた

しかし、宮殿が電化された同年、欧米系移民たちはカラカウア王の退位を迫ります。ハワイ王国を存続させるかわりに、欧米系移民によって作成された新憲法を交換条件として受け入れた王は、実質的な権力を失うのです。結果、アルコール依存症に陥り、医師の勧めで静養していたサンフランシスコで1891年に死去したのでした。そして、妹のリリウオカラニが女王として即位しました。

[左]Throne Room:金の装飾で飾られた来賓客を迎える王座の部屋/[右]Gold or Music Room:楽器の演奏や作曲などを楽しんだ音楽室「黄金の間」

前述の日本皇室との縁組みが提案されたカイウラニ王女は、その頃、イギリスの寄宿学校に留学していました。王女はカラカウア王の別の妹、リケリケ王女とスコットランド人、アーチボルド・クレグホーンとの間に生まれました。カラカウア王の日本訪問時はまだ5歳の少女でしたが、13歳から父親の同行で渡英していたのです。そして、叔父の死後、リリウオカラニ女王が即位すると、当時15歳だったカイウラニ王女は王位継承権1位に指名されました。

ハワイの王女が欧州社交界の求婚を断り続けた理由とは?

1893年、欧米系住民のクーデターにより、女王は反逆罪で逮捕され、イオラニ宮殿を追われます。この時に略奪された調度品の多くが、今もまだ宮殿に返却されないままになっています。

17歳になっていたカイウラニ王女は、イギリスから東海岸に渡り、クリーブランド大統領にクーデター無効を直接訴えました。それまでキャプテン・クックを捕えて惨殺した野蛮人のイメージをハワイ人に対して抱いていたアメリカ人にとって、目の前に現れた王女の美貌と洗練されたヨーロッパ仕込みの身のこなしは、ハワイのイメージを180度転換するものだったと言われています。しかし、クーデター無効をハワイの欧米系移民たちは内政干渉として受け付けず、ハワイ王国は消滅してしまったのです。

その後、カイウラニ王女はヨーロッパを放浪し、各国の社交界で求婚され続けたそうですが、リリウオカラニ女王の「ハワイ王族か日本皇族以外との結婚は認めない」との言葉を守り、ヨーロッパでの求婚を受け入れることはありませんでした。そして1898年、アメリカに併合されたハワイに、王女は帰省を果たしますが、翌年、風邪をこじらせてこの世を去ってしまうのです。まだ23歳という若さでした。

さて、日本から断られたハワイの王女と皇室との縁組みですが、もし、明治政府がその要請を受けていたら、今頃、日本とアメリカ、ハワイの関係はどのようなものになっていたでしょうか? 世界地図が今とは完全に異なったものになっていた可能性がありますが、しかし、それは誰にもわかりません。

少なくとも、ハワイ王国を守るために必死に闘い続けたカラカウア王、リリウオカラニ女王、そしてカイウラニ王女という人々が実際に存在したことは歴史上の事実です。次回、ハワイに行く際には、ビーチやパンケーキ、パイナップル農園やショッピングを楽しむ傍らで、是非、イオラニ宮殿をはじめとするハワイ王朝の遺産の一端に触れてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事:旅のエスプリ】
これは地上に描いた星座なのだろうか?超弩級の不思議「ナスカの地上絵」
マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカ帝国の秘密都市?
全盛時、数十の媒体を傘下に収めた新聞王ハーストの夢の城とは?
孫の身代金を値切った石油王とは? ギネスブック認定「世界で最も裕福な人」
古代ローマ都市ポンペイ 遺跡に残されたメッセージとは?
日本人移民一世は正義と権利獲得のために闘っていた!
19世紀後期に中世の城ノイシュヴァンシュタインを建設 騎士伝説とワーグナー
チョコとお蚕がつないだ日伊の縁 イタリア使節が見た幕末の日本とは?
国交樹立150周年 日本とスイスの意外な共通点とは?
黒船来航の目的は捕鯨のための開国?アメリカのアラスカ購入の陰に日本
杉原千畝の命のビザ ユダヤ難民の日本経由欧州脱出劇 その陰にJTBの尽力
国際的日本料理シェフ、松久信幸と彼から巣立った成功者たち"NOBU HOTEL"
イランに取り残された絶対絶命の日本人216名を救出したのは、トルコの恩返し!
駐日大使だけじゃない、ケネディ家と日本の縁 昨日の敵は今日の友
リンカーン大統領に会った唯一の日本人 アメリカ人として幕末の日本に帰国
911の標的、WTCは日系人がつくった? 人種差別と闘いながら夢叶える
観光だけじゃない、ハワイと日本の深い縁 ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?
アメリカ人に愛された日本人金メダリスト”硫黄島で投降を呼びかけられるも戦死
カリフォルニアのワイン王は薩摩の侍? 13歳で海を渡り、偽名のまま生涯を過ごす
本物のロンドンブリッジはどこにある? 世界最大の骨董品、コロラド川へ
運慶とミケランジェロ、その意外な共通点 「大理石の中の天使を自由にする」
策士・マッカーサーとミズーリ号艦上の降伏文書調印式 マイクロマネージメント
NYセントパトリック教会に響いた君が代は誰のため? 日本人化学者と南部令嬢
CIA, KGBも興味を示した古代インカの情報システム?遺跡に魅せられた日本人
レオナルド・ダ・ビンチはナポリタンを食べたのか トマトのルーツはペルーだった
ブルックリン・ブリッジ建設の陰に日本のプリンス?ラトガースに学んだ幕末の獅子
ペリー提督の末裔のワイナリーは? カリフォルニアワインと「パリスの審判」
150年前米女性を熱狂させた日本人男性アイドル?「侍を一目見よう」NYで大歓迎
日本人留学生第一号はやはり、あの人!そしてその人はフリーメイソンだったのか?
アメリカとイギリスに上陸した日本人第一号とは?万次郎の先を行っていた国際人
サムライ達がメキシコで集団洗礼を受けた?ヨーロッパへの中継点でキリスト教徒に
日本とスペインの縁をつないだのが独眼流!「日西交流の歴史今年で400周年」

【関連ツアー】
ハワイ島日帰り観光
マウイ島日帰り観光
アトランティス・プレミアム・サブマリン
サークル・アイランド・ツアー
3スター・ディナー・クルーズ(送迎付)
ポリネシア文化センター スタンダード
ポリネシア文化センター デラックス
ドルフィン・ウォッチング&ウェスト・オアフ・クルーズ
パールハーバーとアリゾナ記念館&戦艦ミズーリ・ツアー
ジャングル・ハイキング・ツアー

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.