ヨセミテ

All about ヨセミテ国立公園🏞、聞いてみたかった、あんなこと、こんなこと

Yosemiteトンネルビュー

ヨセミテ国立公園はアメリカの三大国立公園のひとつで、アメリカだけではなく、世界的にも人気の国立公園なので、お問い合わせも多いです。

ヨセミテ国立公園については、ブログなど情報はたくさんありますが、今回は趣向を変えて、よく受ける質問をまとめてみました。それではどうぞ!👇👇👇

お客様;ヨセミテってよく聞くけれど、やはり行く価値、あるのでしょうか?

担当者;アメリカの国立公園は大きな町からは遠いものが多いのですが、ヨセミテについては比較的近いほうで、サンフランシスコから約4時間で行けます。日本からのお客様も1日観光でいかれることが多いですね。行ったほうがいいかどうかは、価値観にもよりますが、広々とした青空の下に迫力満点の巨大な一枚岩があって、その下に濃い緑の植物があるのは、なかなか日本では見られない規模ですので、一度行ってみる価値はあると思います。 もしもアウトドアが好きなら、いうまでもなくおすすめです。「アウトドアの聖地」と言われています。 サンフランシスコ発の有名なアウトドアメーカー「The North Face」のロゴも、ヨセミテのハーフドームをモチーフにしているそうです。

 

お客様;宿泊するか、日帰りにするか、悩んでいるのですが。

担当者;普段の週末は、何をすることが多いですか?歩いたり、料理したり、たまに星空を見るのも好きという方なら、きっとヨセミテでの宿泊はいい思い出になると思いますし、また違う季節に来てみたいと思う、いいきっかけになると思います。泊まることで、朝のピリッとした空気感や、朝焼け、動物が活動的になる朝と夕方を過ごせるのも滞在者の特権です。自然よりも都会が好き、という方でも、一度は訪れる価値は十分にあると思います。とりあえず行ってみるか、ということであれば、1日観光で主要な観光スポットを効率よく、さらっと見るのはおススメです。

 

お客様;虫が苦手なんですが、虫は多いですか?

担当者;虫からの防御もかねて、長袖長ズボンをはいていくことをお勧めします。蚊は、夏季など暖かい時期に現れるのが通常ですが、突発的に大群が発生することもあります。特に虫が気になる方は、長袖、長ズボンに加えて、虫よけスプレーがあるとよいです。

 

お客様;1日観光の場合、どのくらいヨセミテにいられるのですか?

担当者;一日のスケジュールとしてはざっくりこんな感じです。朝7時くらいに、サンフランシスコ市内を出発して、帰ってくるのは夜7時半から8時くらい。 サンフランシスコ市内からヨセミテまでは片道約4時間。早起きして、車の中でゆっくり眠ってください。これぞ、ツアーの醍醐味でもあります。ヨセミテでの滞在時間は約4時間半です。主なフリータイムは昼食時と、各下車ポイントで降りたとき、となります。各下車ポイントは駐車場の込み具合などで、滞在時間や観光順序が変わることがあります。各ビューポイントどちらも素晴らしいのですが、一番有名なのはトンネルビューです。まさに「トンネルを抜けると、そこは」の感じで壮大な自然が待ち受けています。ほかにも有名なポイントはありますが、トンネルビューは園内のシャトルなどで行くことはできません。車でのアクセスが必要です。

 

お客様;1日観光の場合、ハイキングをする時間はありますか?

担当者;お昼の時間はヨセミテバレーロッジ付近で自由行動となり、1時間半程度の自由時間があります。昼食をとって、お土産を探す方が多いです。昼食をレストランではなく購入で済ませ、時間を節約できれば、ヨセミテ滝まで往復は可能です。※

 

ヨセミテ滝

お客様;おすすめのお土産はなにがありますか?

担当者;ヨセミテの文字の入ったアウトドア用の軽いマグエコバッグはいかがでしょうか。ここでしか買えないものです。また、ヨセミテビレッジには郵便局もあり、限定の切手セットもありますので、絵葉書など送るのもよいかと思います。

お客様;服装はどんなものがおすすめですか?

担当者;長袖・長ズボンに、重ね着ができるようにしましょう。標高が高いので、日中でも暖かな羽織ものがあるとよいでしょう。歩く場所は、通常のスニーカーで大丈夫です。革靴やヒール、サンダルは避けましょう。滝の近くまで行く場合には、ウォータープルーフの靴マウンテンパーカーなどをお持ちください。宿泊をされる場合には、一層あたたかく、フリースなどのジャケット、暖かい靴下や、トレッキングシューズがあると安心です。夏はサングラス日焼け止め帽子があるとなおよいです。

お客様;持っていけばよかったと思うものはありますか?

担当者;個人的にはスマホにつける広角レンズがあることをあとから知って、持っていけばよかったと思いました。(日本なら100円ショップでも売っています)トレッキングされる場合には、 お水スポーツドリンクを多めに、プロテインバーや、トレイルミックスなど、軽食があるといいと思います。

 

ヨセミテについての情報はいろいろ検索できると思いますが、当社で担当者がお客様とお話ししているときに話題になることを簡単にまとめてみました。サンフランシスコから日帰りでも行けるヨセミテ、ぜひ一度、ご検討ください。🕶

By RB

【関連記事】
・来てみて、観てみて、歩いてみて、ヨセミテ!おススメのハイキングトレイル(2~4時間)
looktour
Follow me

No Comments Yet.

Leave a comment

You must be Logged in to post a comment.