ニューヨーク/マンハッタン 2017年11月10日

【新着ミュージカル】 The Band's Visit を見てきました!

TBV_P182_Logo_547x287_L1P1090042

新しいミュージカルの登場です。

オリジナルは英題 The Band's Visit  邦題は『迷子の警察音楽隊』です。

2017年10月7日スタートしたまだまだ新しいミュージカルです。
 先日調査に行ってまいりましたので、ネタばれすれすれのブログに挑戦いたします!
まずはあらすじから

(l-r) Ari’el Stachel, David Garo Yellin, George Abud, Tony Shalhoub, Harvey Valdes, Sam Sadigursky, Alok Tewari in Atlantic Theater Company’s world premiere musical The Band’s Visit, directed by David Cromer, featuring a book by Itamar Moses and original score by David Yazbek. Opening December 8, 2016 at The Linda Gross Theater (336 West 20 Street). Photo: Ahron R. Foster.

<あらすじ>

1973年第4次中東戦争が終わってから、本格的な武力衝突はなくとも エジプトイスラエルは和平からは ほど遠い関係 そんな1990年代の中東のお話。bc02

文化交流の一環としてエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊がイスラエルの空港に到着。

迎えもないので、仕方なくペタハ・ティクバ行きのバスに乗ったつもりが到着した場所は惜しくも一字違いのベイト・ティクバ
文化センターも何もない砂漠の街。
bv05
 
カフェの女主人ディナは彼らを馴染み客の家と自分のうちとに分宿させて楽団の面倒をみる。
ディナは生真面目な団長のトゥフィークを口説こうと街に誘い出す
馴染み客イツィクの家にいったクラリネット奏者のシモンは自作した協奏曲がまだ未完成のことを紹介する。
カーレドは馴染み客パピと一緒に夜の町にでかけてパピに女性の扱い方を指導する。
 
迷子になったことからエジプト人イスラエル人が偶然 遭遇し、会話がはずまない場面もあるものの
音楽を通して 敵対する両国民がなんとなくなじんでいく様子がほのぼのとしてい楽しいストーリーとなっている。
 
翌朝には無事に出発し本来の目的地のペタハ・ティクバに到着して無事に公演を済ませる。
 

<みどころ>

英語がネィテイブな人々がわざとイスラエルなまりエジプトなまりの英語を話し、ノン・ネイティブ としてはほほえましくみえます。
さらにその人々が歌を歌う時には急に発音がよくなるのが見ていて私も思わず笑ってしまうほどでした。
ディナはとても色っぽいのに、なぜか年上で生真面目なトゥフィークを懸命に口説こうとしているのが滑稽だし、女性からみても愛らしいです
出演俳優さんを激写!やっぱりオーラが違いますね

出演俳優さんを激写!やっぱりオーラが違いますね

最大のお勧めポイント!!!

ステージ上で楽団員のメンバーが直接楽器を演奏
それがエジプト風だったり、イスラエル風だったり、多くのミュージカルでは演奏されないような
中東風な音楽が新鮮に聞こえますよ

 

bv03おまけ

インターバルがないので、終わりは10時前くらい。これは、「長いインターバルの作品ではちょっと・・・。」というかたにおすすめ!
そのあとに時間があれば午前2時まで開いている、トップオブザロックにのぼることだってできるんです!
下の写真は帰宅途中に撮りました!ニューヨークには誘惑がたーくさんまだまだお伝えしたいことがたくさんあります!
それでは次回のブログにて
IMG-0585by Massun and くっしー

 

お得なショーチケットを今すぐ検索!
【劇場】
Barrymore Theatre
243 W 47th Street
New York, NY

 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.