この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

クロアチア旅行記⑤ Day2: 11/21  ザグレブ散策 ~旧市街②~

前の記事を読む

カプトル地区と大聖堂 

お腹も一杯になったところで街のシンボルである大聖堂に向かった。聖母マリア被昇天大聖堂はさまざまは建築様式が混ざり合った不思議な空間だと何かのサイトで読んでいたので楽しみにしていた。というのも大聖堂の建設は早くも1094年に始まり、13世紀にはゴシック様式の礼拝堂部分が建設された。しかしオスマン朝の侵略に対し大聖堂の周りにルネッサンス式の城壁が築かれることになり、戦争後にはバロック式で大聖堂再築、19世紀の大火事の後はネオゴシック調に修復されるというヨーロッパ建築様式の全てが混ざった大聖堂なのだ。
<情報:政府発行観光ガイド情報> 

残念ながら修復中の為、鐘楼が片方見えなかったが、聖堂内の重厚な造りと壮麗なステンドグラスをじっくりと見て周った。

この大聖堂の裏には、かつて司教たちが安息日に釣りをしたという池のあるリブニャク公園が広がっており、市民の憩いの場となっている。夏の天気のいい日にぜひ散歩したいコースだが、今回は寒かったため断念・・・

 

グラデツ地区 石の門 

次に旧市街の西側グラデツ地区に足を伸ばした。中心地区から石の門(Kamenita Vrata)というその名の通り石でできた門がある。昔城壁で囲まれていたグラデツ地区の門の一つとして残ったものだ。ここには18世紀に起こった門の大火事で無傷で発見された聖母マリアのイコン画が納められている。(神聖な雰囲気だった為、門中の撮影は控えた)

 

マルコ広場と聖マルコ教会 

この石の門からすぐのところにマルコ広場が広がっている。昔はグラデツとアッパータウンの中心として栄えたこの広場、現在でも首相官邸国会議事堂がある広場として重要な役割を果たしている。そして広場の中央には聖マルコ教会が建っている。

ネオゴシック様式のこの教会は屋根が有名。クロアチア・ダルマチア・スラボニアを表す紋章(左)とザブレブの紋章が赤・青・茶色を基調としたタイルで描かれている。なんとも可愛らしい紋章・・・(昔懐かしいファミコンやゲームボーイの画面みたい・・と思うのは私だけだろうか。。。。) この紋章に関する詳細記事は こちら

聖カタリーナ教会と見晴台

マルコ広場を後にし、細い道をあちこち歩いているうちに自分がどこにいるかわからなくなった。そんな時目の前に現れたのが聖カタリーナ教会だった。バロック式のこの教会をちょっとのぞくとミサの真っ最中。ということで教会の周りを歩きながら聖歌隊の歌声を楽しむことにした。

そして教会の裏側へ回ると旧市街を一望できる見晴台に出た。この見晴らし台の存在すら知らなかったが、あとで調べたら結構有名な撮影スポットだったらしい。(道に迷ってよかった・・・)

 

ロトゥルシュチャック要塞/見張り台とケーブルカー

聖カタリーナ教会から再びふらふら歩いていると出くわしたこれまたファミコンのマリオで出てきそうな形の塔。13世紀に建てられた大砲台が設置された見張り台だそうで、毎日正午にすさまじい音で空砲を鳴らす・・らしい。この日の正午、私は土産屋で夢中で買い物中だったので気づかず・・・苦笑

この塔の目の前にあるのがアッパータウンとダウンタウンを繋ぐケーブルカー。歩けばいいのに。。というくらいの距離の短いケーブルカーだ。どこかのウェブサイトで「ロマンチックなケーブルカーライドをお楽しみいただけます」なんて書いてあったが、乗車時間は片道数十秒・・・ロマンチックもなにも・・・・ねぇ。

<ケーブルカー上から見た図(左) 下から見た図(右)>
 

などと皮肉なことを考えつつ、中心部イェラチッチ広場に戻ってきた。ここからダウンタウン(新市街)の散策を始めることに。 次回はザグレブ散策の後半をご紹介。

次の記事を読む

[by:カワ]

[geo_mashup_map]

【参考サイト】
クロアチア政府観光局(日本語)

【関連記事】
● ドゥブロヴニク:紺碧の海とオレンジ瓦♪
● クロアチアの国章に謎の生物!?
● 南イタリアの世界遺産メルヘン調のアルベロベッロ
● 旅行に便利なiPhone/Touchアプリ紹介!【指さし会話touch&talk】
● フランス旅行を存分に楽しめる「マイバス」 カリスマ・ガイドの辻さんがお勧めコースをご案内!
● オーストリア音楽散歩 「散歩の始まりはモーツァルト像とト音記号の花壇から~」
● ギリシャ 「天空の修道院」メテオラ  ~ギリシャの世界遺産を訪ねる~
● イギリス・チェシャー州「不思議の国のアリス」と英国庭園巡り
● アテネのパルテノン神殿(世界遺産)
● Ciao, Italyヾ(≧∇≦*)〃

 【関連ツアー】
● クロアチア・スロベニア7日間
● 麗しのイタリア8日間 ~イタリアの世界遺産をたっぷり観光する人気コース~
● スペイン満喫 7日間
● オーレ エスパーニャ7日間 ~3つの世界と魅惑のアンダルシア地方を訪ねる~
● 情熱のスペイン 7日間 ~アンダルシアの白い村とラ・マンチャの風車~
● マドリード市内半日観光 (午前)
● スペインハイライト 5日間
● トレド半日市内観光 (午後)
● セゴビア半日観光 (午前)
● マドリード フラメンコ・ツアー(飲み物付)
● マドリード旧市街徹底観光とチューロスとチョコラーテのおやつ

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.