この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

話題沸騰!常識を覆した超一流のシェフの料理が楽しめる立ち食いレストラン “俺のイタリアン” - Italian Restaurant / Bar -

今、日本で話題沸騰の俺のフレンチ俺のイタリアン。日本に一時帰国の際には話の種に行ってみようと思い、今回行ってきました。知らない人の為にちょっと説明しますと、通常の高級なレストランでは、“一晩でテーブルが1回転から2回転しかしないため、どうしても料金を高くせざるをえない”という常識を覆して、なんと立ち食いスタイルイタリアン/フレンチ レストラン。しかも味は超一流レストランの味です。これだと、一日に何回転するのでしょうか。

立ち食いなので値段が激安。私は友達と新橋にある“俺のイタリアン”に行ってきたのですが、食べるのにかかった時間は、1時間でした。しかも4時開店の30分前から並んだので、一番乗り。実は前日に友達と“俺のフレンチ”恵比寿店に4時ごろ行ったら、もうすでに8人ぐらい人が並んでいて、ちょうど私達のまん前で、テーブルがいっぱいになり、私と友達は1時間待ちとの事で、友達の都合でその時は見合わせたのですが、その経験があったのと、1,2時間待ったというブログもあったので、今回は4時に開店のところを3時半に行きました。

お店の前で30分待っていました。でもブログを読むと、2時間待ったやら2時間半待ったと言っているので、まあ、30分なんか気になりません。 10分待っていると、お店の人が開店の準備です。お店の前にもビア樽のようなものをテーブルにしたものを3つ出していました。タバコを吸う人が外のテーブルなのかもしれません。お客様も私達以外に4人が来ました。

4時きっかりになって、さあ私達がと思っていたら、予約を入れていたお客様2人組みが来たので、私達は2番目に。予約を入れたら、座って食べるテーブルに案内されるそうですが、予約を取るのもかなり大変らしいです。上の写真では分かりにくいですが、カウンターの右側に座って食べる席がありますが、とっても小さい2人用の席が二つほどあって、奥に4人ぐらいのテーブルがあります。

 さあ、カウンターに通されて、荷物を置く「かご」が下にあるので、そこに荷物を入れます。この辺が気が利いていると思うのは、ニューヨーカーの私だけでしょうか。私は立ち食いにはまったくこだわりませんが、日本の友達の中には、立って食べるのなんかいやだと言う人もいます。注文をとりに来た時に、サラダとパスタとリゾットを注文して、さらにもう一品頼もうとしたら、お店の人から、かなりの量だから注文が来て食べた後で再度オーダーすればと言われたので、そのとおりにしました。

飲み物は、私の友人は名前は覚えてないですが、原価出しと書かれていたシャンパン600円を頼み、余り飲めない私はカシスのオレンジ割り(確か550円)を注文しました。飲み物の写真は取らなかったのですが、口あたりがとってもおいしかったです。こんなおいしいドリンクも久しぶりです。ニューヨークのカクテルは全部、私にはお酒が強すぎます。

前菜は俺ん家サラダと言うのを注文しました。温泉卵とグリーン野菜と、カリカリにあげたガーリックと細切りベーコン、ナッツがかかっていました。値段が580円。この値段だから、小さいサラダだとばかり思っていましたが、びっくりするぐらい大きいです。二人で十分な量でした。上の写真だとそんなに大きく感じないですが、実際はかなりのボリュームです。そして、もう、うっとりとなるようなおいしさ。混ぜたら、温泉卵がまるでマヨネーズのようになって、カリカリガーリックとナッツが口の中でクランチーな感触がなんともいえずおいしかったです。もちろんカリカリベーコンも味の決め手になっていました。お通し300円でパルメジャンチーズがついてくるのですが、これをちぎってサラダに入れて食べたら、もうおいしすぎ。

メインに私が頼んだのはわたり蟹とトマトクリームのパスタです。これは二人でも十分な量がありました。もっと大人数で行けば、もっといろんなものが頼めたのに。それが残念です。そして値段が良く覚えていないのですが、800円ぐらいでした。味は、こんなにおいしいパスタは本当にめったお目にかかれません。ペンネ、フェタチーニなどの色んなパスタの種類がありますが、私は細めのスパゲティが一番好きで、まさにそれでした。もちろんアルデンテであるのは言わずもがなです。

私はニューヨークでパスタを食べる時は必ずピンクソース系のものにするぐらいピンクソースが好きです。蟹のピンクソースは始めてでしたが、クリームとトマトのバランスがとってもよく取れていて、今思い出しただけでもお腹がすいてくるぐらいの絶品でした。こんなにおいしいパスタがこの値段で食べれるなんて、日本は本当にすごい!私の友達は夢中で蟹にしゃぶりついていました。ボリュームが全てあるので、確かにウェイターの人が言ったように、4品目は頼まなくて正解です。リゾットが食べれるか心配です。

次に友達が頼んだフォアグラとトリュフのリゾット1200円が来ました。私はフォアグラは苦手でしたが、リゾットにフォアグラが混ざっているのかと思いきや、
上にどーんとこんなに大きいのがのっているでの、リゾットは半分食べました。たぶんかなり良いチーズを使っているのでしょうね、すばらしくおいしかった。こんなにおいしいリゾットはイタリア行った時にも、食べたことがありません。フォアグラとリゾットを一緒に食べるともう舌がとろけるよ、と友達が言いましたが、ちょっと遠慮しました。

本当はオマール海老1000円も頼みたかったのですが、リゾット食べた時点でお腹がもうパンパン。そして背後からウェイターがオマール海老の注文を運んでいるのが見えた時に、その海老の大きさにびっくり。えーーーー、これで1000円なのーーーー!!次回は絶対にこれにします。

最後にドルチェ、つまりデザート。デザートは3種類あったのですが、ナッツのパイにしました。値段は全部280円。ウッソー、そんなに安いの?でも味はとてもおいしかったです。アメリカのピーカンパイのような感じでしたが、味はアメリカ製よりは100倍おいしかったです。持ち帰りが出来れば、3種類全部持ち帰りにしたかったのですが、持ち帰りはできないそうで、この一品も無理やり詰め込みました。こんなにお腹いっぱいじゃなければもっとおいしく感じたのに。

もう大満足。heart04.gif こんなにおいしい食事は10年ぐらいした事はなかったです。イタリアに行った時は、何処で何を食べてもおいしかったけど、フランスに行ったときのおいしいお店よりも、ここの料理には負けます。ニューヨークのかなりちゃんとしたレストランに行っても、こんな感激するぐらいのレストランはまずお目にからないです。お値段は一人2000円ちょいでした。もう大感激です。絶対に絶対にお勧めです。しかもサービスも満点です!

私の友達が蟹をしゃぶってソースが洋服についてしまったのを店員が見て、ソーダのようなものをグラスに入れて持ってきて、ティッシュにそのソーダのようなものをしみこませて、服を拭いたらとりやすいですよと言ってくれて、まあ、本当に親切です。最初にもう一品は絶対に多いとアドバイスしてくれたし。

最後にお店の前で友達と二人で写真を撮ろうとしたら、店長が外に出てきて、写真取りましょうかって言ってくれて、本当にサービス満点です。お店に入る前はお店の前の大きな写真はシェフの写真と思っていたのに、実は店長さんの写真でした。でもイケメン店長ですね。食事もおいしく、店長もイケメンなんて、なんて幸せな夕方でした。帰りは銀座まで歩いて、少しぶらぶらしましたが、久しぶりの銀座は5番街よりもずーっときれいで高級感がありました。

そして、友達の服についたシミを見たならば、、すごいシミ。パスタを食べたら、うっとりして、シミにも気がつかなかったそうです。こんなすごいレストラン、いかがですか?

by なべP

【関連記事】
日航エアシリーズ第3弾 雲の上でエア吉野家を楽しもう!
便利になったチャイナエアライン ニューヨーク(JFK)~関西空港間を運行~
話題の羽田空港から米国への直行便続々就航~注目のエクセルホテル東急
話題の羽田空港から米国への直行便続々就航 ~アメリカン航空
長崎県五島市・福江島 ~東シナ海に浮かぶ祈りの島 Fukue Island ~
大分県 別府温泉で砂湯・泥湯と冬の味覚を楽しむ
天然記念物の奇勝「阿波の土柱」

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.