この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

イタリア歴史都市 ~古代ローマと中世イタリアの建造物が混在する美しい古都、ベローナ~

View over the historic city of Verona, Italy
~ベローナの街並み~
 
ベローナは、古代ローマと中世イタリアの建造物が混在する美しい古都。世界文化遺産に登録されている市街地は、シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』の舞台となったことでも知られ、世界中から多くの観光客が訪れます。古代ローマ時代の城壁を横目にヌオーヴァ門を入り、街の中心に向かいます。

目指すは紀元1世紀に建造された円形競技場跡(アレーナ)。ローマのコロッセオに次ぐ規模とのことですが、ほぼ完全に残っていることと、今も現役の劇場として使われていることを考えると、いずれ劣らぬ迫力です。収容人数は2万2000人。夏に開催される屋外オペラ公演が人気です。

Arena_In_Verona_4090352
~円形競技場跡~ 
アレーナのあるブラ広場は、おしゃれなカフェやレストランが立ち並ぶ憩いの場。エルベ広場のエルベは「野菜」の意味。ローマ時代に野菜の市が開かれた場所で、現在も屋台が立つ活気のある広場です。奥にはバロック様式を代表するマッフェィ家の館があります。エルベ広場から、大時計のあるランベルティの塔の横のアーチをくぐると、「紳士たちの広場」という意味のシニョーリ広場があります。中央にはダンテ像が立っています。

そして観光客に一番人気のスポット、「ジュリエットの家」。シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』で、ジュリエットのモデルになったとされる女性の家です。内部には中世の家具や日用品が展示され、かの有名なバルコニーにも出ることができます。

Romeo_And_Juliet_Balcony_Verona_3286472
~ジュリエットの家~ 
「ああ、ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」 バルコニーから見下ろす庭にはジュリエットのブロンズ像。この像の右胸を触ると幸せになれるといわれているそうですよ。近くにはロミオの家もあるのですが、こちらは一般住宅として使われているため、見学はできません。

Statue of Juliet Capulet in Her House Backyard in Verona Veneto Italy
~ジュリエットのブロンズ像~ 
優雅なファサード(正面装飾)が目を引くロマネスク様式のサン・ゼノ教会や、14世紀の城塞で現在は美術館になっている、カステルヴェッキオも見どころです。

 by ST

【関連ツアー】
麗しのイタリア8日間~イタリアの世界遺産をたっぷり観光する人気コース~
ミラノから人気の4都市めぐり イタリア満喫 7日間
アマルフィ海岸も訪れる ときめきのイタリアハイライト7日間

【関連記事】
運慶とミケランジェロの意外な共通点 「大理石の中の天使を自由にする」
チョコレートとお蚕がつないだ日伊の縁 イタリア使節が見た幕末の日本
麗しのイタリア8日間周遊記 その① 「永遠の都 ローマを訪ねる」
麗しのイタリア8日間周遊記 その②  「青の洞窟とカプリ島を訪ねる」 
麗しのイタリア周遊記 「中世の町シエナとサンジミニャーノを訪ねる」
古代ローマ都市ポンペイ 遺跡に残されたメッセージとは?
南イタリアの世界遺産メルヘン調のアルベロベッロ

 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.