この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

旅のエスプリ

ペリーの黒船来航の目的は捕鯨のための開国だったのか?そして・・・アメリカのアラスカ購入の陰に実は日本の存在があった!?

目からウロコのトラベル・コラム「旅のエスプリ」

旅のエスプリ Vol. 23

黒船来航の目的は捕鯨のための開国?アメリカのアラスカ購入の陰に日本の存在

明治維新と南北戦争に深い関係があることをご存知でしょうか?
さらにはアラスカがなぜロシアからアメリカに買い取られたのか、その裏にもまた明治維新の存在があるということは知っていたでしょうか?

まずは、南北戦争からおさらいしていきましょう。南北戦争が戦われたのは1861年から1865年の間です。北軍156万、南軍90万に分かれた戦争は、実に62万以上の死傷者を出した過酷なものでした。南部の綿花栽培のプランテーションで酷使されていた奴隷解放のために北軍が立ち上がったと信じている人もいるかもしれませんが、そのような人権に根ざした動機ではなく、あくまで経済が要因となっています。

経済力優勢の南軍に勝利した北軍、逆転の理由は「黄金の国ジパング」

当時のアメリカ南部は映画「風と共に去りぬ」でも見られるような大豪邸に住む農園主が、綿花栽培で経済的に潤っていました。綿は輸出先のイギリスで、産業革命の後に発展を遂げた機械生産で大量な繊維製品に仕上げられると、イギリスのブランド力で世界中に流通していました。

つまり、その綿の産地である南部諸州は、奴隷を働かせることでほぼゼロの人件費によって莫大な利益を得ていたのです。よって、ミシシッピ、ノースカロライナ、サウスカロライナをはじめとする南部の11州は経済的な自信を基盤に、アメリカ連合国として独立をめざしたというわけです。

南部のプランテーション

兵力だけは南軍に勝っていた北軍ですが、経済的には南部のような主要産業がなく、あるとすれば、それは捕鯨でした。当時、北部の州ではロウソク作りが盛んで、ロウソクの原材料がクジラの油でした。ロウソクのために大西洋中のクジラを捕獲し、さらにその数が足りなくなると太平洋にも進出します。そして、捕鯨船の補給基地として目をつけたのが日本だったのです。

そこでアメリカは、捕鯨拡大を目的に、黒船を送り出して日本に開国を迫りました。1853年のペリーに続き、ハリスが日本に上陸、日米和親条約を締結しています。しかし、重要なのは「日米和親条約」ではなく、実はその後に締結された下田条約です。この条約で、ハリスは金と銀の為替相場を固定したのです。さて、その目的とは何だったのでしょうか?

1887年 黒船で来航したペリー一行を迎える様子

初代駐日アメリカ合衆国弁理公使 タウンゼント・ハリス(出展 Wikipedia)日本に上陸したハリスは、金があまりにも安く取引されていることに衝撃を受けます。人類の歴史始まってから今まで、地球上で産出された金はオリンピックプール3杯分に相当すると言われています。その実に3分の1、つまりプール1杯分が日本で産出されているのです。シルクロードの時代に、マルコ・ポーロが日本を「黄金の国ジパング」と呼んだことは誇張ではありませんでした。

日本国内で産出された金で金貨を製造し、人々はそれを懐に偲ばせていました。それほど日本国内に溢れていた金ですが、メキシコの銀貨1枚の価値が日本では慶長小判1枚に等しく、さらに国外に持ち出すと慶長小判はメキシコ銀貨4枚と交換されたのです。つまり、メキシコ銀貨を日本に持ち込み、慶長小判に両替、さらにそれを日本国外に持ち出すと何と4倍の額に膨れ上がるというからくりです。

ハリスはそのことを知り、慶長小判を次々に香港に持ち出してメキシコ銀貨に交換しては資産を膨らませたようです。ハリスの行動がきっかけとなり、日本からは瞬く間に金が流出してしまいました。ハリスは私腹を肥やすと共に、リンカーン大統領が就任していた母国にも、日本の金から生まれた富の恩恵を還元しました。

その莫大なお金が何に使われたか? もうおわかりですね。綿花栽培による富を武器に独立を画策していた南部諸州を打ちのめすため、北軍側の武器購入に充てられたのです。つまり、捕鯨を目的に日本に開国を迫ったアメリカは、さらに日本から金を持ち出すことで莫大な価値に変換し、それを資金源に南北戦争を戦ったのです。

話はそれだけでは終わらず、1865年に南北戦争で南軍に勝利を収めた北軍は、南軍の戦費債を全額立て替えて支払い、その上、クリミア戦争で疲弊したロシアが売りに出していたアラスカをキャッシュで購入しました。その資金源を辿れば、おそらくは日本の金です。

戊辰戦争の武器は中古品。薩長、幕府両軍に売ったアメリカ

1868年には日本で戊辰戦争が始まります。その時にもアメリカは南北戦争で使用した武器を、薩長側にはイギリス経由で、幕府側にはフランス経由で売却します。これはもとはと言えば、日本の金を膨らませて調達した武器の可能性が高いのです。開国当時、いわば世間知らずだった日本は、資本主義国アメリカに、上手に転がされたと言えるのかもしれません。

[左]アラスカ、フェアバンクスで観測できるオーロラ/[右]アラスカ、チェナ温泉の露天風呂

アメリカの地図を見ると、カナダを挟んだ形で、飛び地のように本土とは離れたアラスカが確認できます。どうしてあのような離れた所にあってアラスカはアメリカなのだろうと誰しも不思議に思うはずです。ロシアから購入したことは歴史で学んでも、そのための資金がハリスによって日本から流出していたとは...…。アラスカを訪れた際には是非、アメリカとロシア、そして日本の3国に思いを馳せてみてください。

 

【関連記事:旅のエスプリ】
これは地上に描いた星座なのだろうか?超弩級の不思議「ナスカの地上絵」
マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカ帝国の秘密都市?
全盛時、数十の媒体を傘下に収めた新聞王ハーストの夢の城とは?
孫の身代金を値切った石油王とは? ギネスブック認定「世界で最も裕福な人」
古代ローマ都市ポンペイ 遺跡に残されたメッセージとは?
日本人移民一世は正義と権利獲得のために闘っていた!
19世紀後期に中世の城ノイシュヴァンシュタインを建設 騎士伝説とワーグナー
チョコとお蚕がつないだ日伊の縁 イタリア使節が見た幕末の日本とは?
国交樹立150周年 日本とスイスの意外な共通点とは?
黒船来航の目的は捕鯨のための開国?アメリカのアラスカ購入の陰に日本
杉原千畝の命のビザ ユダヤ難民の日本経由欧州脱出劇 その陰にJTBの尽力
国際的日本料理シェフ、松久信幸と彼から巣立った成功者たち"NOBU HOTEL"
イランに取り残された絶対絶命の日本人216名を救出したのは、トルコの恩返し!
駐日大使だけじゃない、ケネディ家と日本の縁 昨日の敵は今日の友
リンカーン大統領に会った唯一の日本人 アメリカ人として幕末の日本に帰国
911の標的、WTCは日系人がつくった? 人種差別と闘いながら夢叶える
観光だけじゃない、ハワイと日本の深い縁 ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?
アメリカ人に愛された日本人金メダリスト”硫黄島で投降を呼びかけられるも戦死
カリフォルニアのワイン王は薩摩の侍? 13歳で海を渡り、偽名のまま生涯を過ごす
本物のロンドンブリッジはどこにある? 世界最大の骨董品、コロラド川へ
運慶とミケランジェロ、その意外な共通点 「大理石の中の天使を自由にする」
策士・マッカーサーとミズーリ号艦上の降伏文書調印式 マイクロマネージメント
NYセントパトリック教会に響いた君が代は誰のため? 日本人化学者と南部令嬢
CIA, KGBも興味を示した古代インカの情報システム?遺跡に魅せられた日本人
レオナルド・ダ・ビンチはナポリタンを食べたのか トマトのルーツはペルーだった
ブルックリン・ブリッジ建設の陰に日本のプリンス?ラトガースに学んだ幕末の獅子
ペリー提督の末裔のワイナリーは? カリフォルニアワインと「パリスの審判」
150年前米女性を熱狂させた日本人男性アイドル?「侍を一目見よう」NYで大歓迎
日本人留学生第一号はやはり、あの人!そしてその人はフリーメイソンだったのか?
アメリカとイギリスに上陸した日本人第一号とは?万次郎の先を行っていた国際人
サムライ達がメキシコで集団洗礼を受けた?ヨーロッパへの中継点でキリスト教徒に
日本とスペインの縁をつないだのが独眼流!「日西交流の歴史今年で400周年」

【関連サービス・ツアー】
オーロラを求めて! 冬のアラスカ4日間 フェアバンクス滞在コース
オーロラを求めて! 冬のアラスカ4日間 チェナ温泉滞在コース
~期間限定!秋のアラスカ~ デナリ国立公園とチェナ温泉 6日間

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.