この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

「ベイズン・ハーバー・クラブ/ Basin Harbor Club」 バーモント州シャンプレイン湖畔の隠れ家的ホテル

バーモント州の北、カナダとの国境近くに、シャンプレイン湖があります。長さ188km、最大幅19km、最大深度122メートル、面積は琵琶湖の34倍という大きさで、ニューヨーク州、カナダとの州境になっています。 シャンプレイン湖に面するバーモントを代表する都市バーリントンから南に30分ほどのベイズン湾の面してあるのが、100年以上の歴史をもつ「ベイズン・ハーバー・クラブ」です。

R1135936

今風のリゾート・ホテルのような派手さは全くありません。 コッテージ風のひっそりと建つ2階建てで「THE LODGE」としか書いて無いので、ここでいいのかな? と思うほどですがリピーターが多いのでこれで十分なのでしょう。 フロントデスクも1人でいっぱいという小ささ。 ちゃんとコンシェルジェデスクもインターネットが使える部屋もありますが、お客さんは遊びに忙しいので、昼間は開店休業です。

R1135879

カラフルにペイントされたデッキチェアーが、ベイズン・ハーバーのトレードマーク。眺めの良い場所には必ず何脚か置いてあります。

R1135908

ここには、いわゆるホテル・ルームはLODGEに10部屋ほどしかありません。ほとんどがコッテージでその多くがシャンプレイン湖に面して建っています。コッテージといっても、もちろんエアコン、冷蔵庫などの設備はちゃんと整っていますが、テレビだけはありません。

R1135976

夜はベランダに出ると、ヒタヒタと湖の波の音が聞こえ、対岸にも明かりがほとんど無いので、星や月に照らされた湖面が美しく光って、テレビなどはここでは無用の長物という事が良くわかりました。

R1135891

ベイズン・ハーバーは100メートル四方の小さな湾ですが、ボートライド、釣り、水泳も楽しめます。あたりが真っ暗になっても、子供達が犬とはしゃぐ声が聞こえていました。

R1136170

プールも完備しています。

R1135913

ベイズン・ハーバーのメインのレストランではジャケットとネクタイが必要です。子供も12歳以上は正装する必要があり、女の子はドレス、男の子もネクタイをして食事をしていました。今時リゾートでは珍しいですが、ディナーにはちゃんと着替えて食事を取るという昔ながらの良い伝統を保っています。最近はなんでも「カジュアル」が流行ですが、子供の躾けという点でもこれはとっても良いしきたりですね。

R1136199

毎日、正装はたまらんという人には、Red Millという100年以上前のバーンを解体して建てたレストランがあります。ここは、バーもあって短パン、TシャツでもOK。 ですが、メニューの内容はメイン・レストランに劣らずです。

R1135967

FAP(Full American  Plan)プランという、3食付きの宿泊パッケージのお客さんが多く、メニューには一応値段が書いてありますが、どれでも好きなものを好きなだけ注文できます。子供は値段に関係なく食べたいものを注文しますが、それが一番安いハンバーガーだったりするのがほほえましい。 お父さんはやはりステーキを注文される方が多いようですね。

R1135953

ビーフもポークも、野菜も全て地元バーモントの食材を使っています。チーズやソーセージ、ハムは地元の「Dakin Farm」という150年も続いている農場で造られたもので塩気がほどよく抑えられた、優しい味がします。

R1135952

ステーキは毎日スペシャルがあります。 今日のスペシャルはプライム・リブ。

R1135949

ベイズン・ハーバー・クラブの名物サラダ「Orchard Salad」。バーモントにはいたるところに野生のりんごの木がありますが、りんごと梨が添えられています。

R1135946

アイスクリームは自家製。 とにかく甘さを抑えたまろやかな味で、ここは同じアメリカか? と思うほどです。

R1136186

ベイズン・ハーバー・クラブのRed Millの横には芝生の滑走路の飛行場もあります。セスナが3機とまっていましたが、セスナで飛んでくるお客さんも居るんですね!

R1136159

1927年に造られた18ホールのゴルフ場も有名です。バーモント州在住のゴルファーならここで一度はプレイをしているそうです。

R1136191

バイズン・ハーバー・クラブはアメリカ人のみならず、英国、フランス、ドイツ、オーストラリアからのお客さんが増えているそうで、2割がヨーロッパからだそうです。英国人がわざわざ「ニューイングランド地方」に休暇に来るというのも、日本人にとっては不思議に思えますが英国人にとっては、本国にない歴史や見どころがあるのだそうです。 それに、バーモントの食材をふんだんに使った美味しい食事が楽しめるだけでも価値が十分にあるのでしょう。

R1135888

「バーモント州はアメリカ人の心の故郷だ」という人もいるようですが、豊な自然と、その恵みを大切にしたライフスタイルがいたるところに感じられるという点では、何度来ても「いいなァ!」と思わせる魅力があります。

R1136202

シャンプレイン湖畔の隠れ家「ベイズン・ハーバー・クラブ」は、そんなバーモントを代表するリゾートです。ニューヨークから車でたったの4時間半、是非ご家族連れでいらして見てはいかがでしょうか?

 

Basin Harbor Club, Historic Hotels of America
4800 Basin Harbor Rd, Vergennes, VT 05491
www.basinharbor.com

 

arrow03043 フランス旅行を存分に楽しめる「マイバス」 カリスマ・ガイドの辻さんがお勧めコースをご案内! ニューイングランドの他のブログをみてみる・・・・・・・・・・・
arrow03043 フランス旅行を存分に楽しめる「マイバス」 カリスマ・ガイドの辻さんがお勧めコースをご案内!   
ボストン、ニューイングランドの現地ツアーをみてみる・・・

[geo_mashup_map]

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.