この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

~モーターホーム体験記5:Day1 RVのドライブとRVパークにチェックイン~

体験記4を読む方は こちら

RVの説明ばかりで前置きが長くなりましたがついにRVドライブの旅の始まりです。最初の目的地はユタ州にあるザイオン国立公園。ラスベガスの有名ストリップどおりなんかも通りながらラスベガスから北東に伸びる フリーウェイ I-15Nでザイオンへ。

Picture 079
ラスベガスから10分くらいですでに大自然が広がります。
Picture 283

アリゾナ州の北西の端なんかもちょっと通過しつつ RVはぐんぐん進みます。
Picture 104

途中virgin River渓谷というザイオンから流れてくる川の侵食にとって形成された渓谷を通過!
Picture 105大迫力です。

St. Georgeというザイオン手前のゲートシティーで一旦ガソリン給油。 (給油については体験記3を参照下さいませ)タンク満タンにしてさぁ国立公園へ出陣です!

ラスベガスから3時間、(実際はUTタイムゾーンに入るため4時間)パークに到着したらまずは普通の宿泊施設のようにチェックインです。

Picture 117ドライバーさん チェックイン中 

Picture 118

 

 通常フロントで名前、そして予約番号を伝えてチェックインします。閑散期だったので我々は名前だけでチェックインできてしまいました。苦笑  チェックインの手続きが終わったら割り当てられたサイトの番号プレートを受け取って(※) 場所をパークマップで確認して車両を移動させましょう。このプレートを誰でもわかるような運転席近く、フロントガラスの分かりやすい場所へ置いておきます。※プレートがない場合もあります。(右写真: サイトのマップ場所をスタッフの方と確認中)

 

 
* CHECK-In Time 豆知識
もしチェックインが夜遅くなってしまってフロントがしまってしまった場合も大丈夫。通常は警備員がいたり、フロントの前のドアなど決まった場所に予約したお客様のサイト番号とマップが提示されているはずです。フロントデスク営業時間やルールは各パーク異なるので事前に調べておくのがよいでしょう。 

Picture 149

ザイオンのRVパークには遅いチェックインの方ように無人ブースがあり、そちらにお客様のサイト番号やデポジットできるポストが付いています。 ご安心くださいませ。

アドバイス:
※予約無しでも泊まれる場合もありますが、事前に予約をしておくことをお勧め致します。   ご予約の代行もJTBルックアメリカンにお任せ下さい!※暗くなってからのRVセットアップは非常に大変です。明るいうちにパークに到着するようお勧めします。予め夜間到着が予想される場合、懐中電灯を持参いただくことをお勧めします。

 

そんな我々の到着したのはとっくに日の暮れた夜8時半なのでした。。。。。(*_*)

~モーターホーム体験記6:Day1 RVパークのセッティング方法~  へ続く

new ~モーターホーム体験記10(エピローグ):Day3 ラスベガスへの帰路とモーターホーム返却~cooltext455842624 ~モーターホーム体験記10(エピローグ):Day3 ラスベガスへの帰路とモーターホーム返却~       cooltext455844439 ~モーターホーム体験記10(エピローグ):Day3 ラスベガスへの帰路とモーターホーム返却~
cooltext4558428281 ~モーターホーム体験記10(エピローグ):Day3 ラスベガスへの帰路とモーターホーム返却~

去の記事はこちら
●プロローグ:RV(モーターホーム)ってなに?
●体験記1:Day1 モーターホームレンタル
●体験記2:Day1 モーターホーム車内の設備
●体験記3:Day1 RVで大自然に出かける前の心得 3か条
●体験記4:Day1 RVパークを知ってRV旅行をもっと楽しむ

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.