この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

ニューヨーク証券取引所とフェデラル・ホール

 

今年は第16代大統領リンカーンの生誕200年にあたります。オバマ大統領は就任式の宣誓でリンカーンの遺品の聖書を使用するなど、「奴隷解放の父」とされるリンカーンを尊敬しているそうですね。この写真はダウンタウンの「フェデラルホール」の2階で行われているリンカーン展にあったものですが、こんなにリアルな写真はあまり見たことがありません。

ニューヨーク・フェデラルホール

 フェデラルホールのあまりにも有名な巨大なジョージ・ワシントン像です。ここはニューヨーク最初の市庁舎があった場所で、第1回の米連邦議会が招集されて1789年4月30日、ワシントンがアメリカ初代大統領として就任演説を行った場所でもあります。

ニューヨーク・フェデラルホール

階段を登りワシントン像の後ろから眺めるとニューヨーク証券取引所(巨大な星条旗が掲げられている)が正面に見えます。ウォール・ストリートは、このフェデラルホールの前の通りです。

ニューヨーク・フェデラルホール

フェデラルホールの中に入るとロビーの一角にワシントンが1789年4月3日に行った就任演説の原稿が展示されています。ものものしく金庫の中に納まっていますが、どうもこれはコピーで本物はワシントンの公文書館にあるようです。

ニューヨーク・フェデラルホール

 

これはリンカーンが弁護士だった時の弁護士事務所の入り口と本棚の鍵だそうです。リンカーンにまつわるありとあらゆるものが展示されています。

ニューヨーク・フェデラルホール

1841年のリンカーン直筆のレターだそうです。若い弁護士だった彼は不法侵入から殺人までいろんなケースを扱ったとのことで、これは単純は不法侵入のケースに関するレターだそうです。パートナーの弁護士のサインもあります。

ニューヨーク・フェデラルホール

 1851年に書かれたAlton and Sangamon Rail Road Companyという鉄道会社のケースの証拠として使われたリンカーン直筆の書類だそうですが、彼が株主の1人として名前も記載されています。彼の生涯で株主になったのは2回だけだそうですが、これはそのうちの1つとの事。

ニューヨーク・フェデラルホール

 リンカーンの署名入りの写真です。Mathew Bradyという写真家の作品だそうですが、大量生産されてベースボールカードのように収集されたのだそうです、リンカーンを尊敬するオバマ大統領もひょっとするとコレクションとして持っているかもしれませんね。

ニューヨーク・フェデラルホール

ツーリストで賑わっているダウンタウンですが、オバマ大統領が就任してからはヨーロッパの人たちのアメリカに対するイメージが格段に良くなっているそうで、最近はドイツ人やフランス人の観光客が増えてきたように思うのは気のせいでもないのかもしれません。

ニューヨーク・フェデラルホール

ニューヨークは昨年の9月のリーマンショック以来、ホテルの料金が下がって来ていて3割位はお得になっています。円高+ホテル安しかも燃油サーチャージも4月から値下げ、こうなったらニューヨークに来なきゃ損ですね!お得なホテルを満載した「まちかどニューヨーク」是非ご利用ください。

Federal Hall National Memorial
26 Wall Street
New York, NY 10005
(212) 825-6990

【関連ブログ】
ニューヨークのステーキ・ハウスの人気ランキングのブログをみる・
「ストリップハウス」で絶品のニューヨーク・ストリップ・ステーキを食す
ニューヨークのステーキ・ハウスの老舗「ギャラガーズ」」
「モートンズ・ステーキハウス」Moront’s Steakhouse “シカゴ本店”
ローリーズ(Lawry’s) 世界一のプライム・リブステーキ!
1度食べたら病みつきになる「ピーター・ルガー」
ニューヨークの一等地「プラザ・ホテル」のオーク・バー ”Oak Bar”
チェルシーマーケット「ニューヨークに来るグルメ達」が必ず行く
マンハッタンとニューヨーク郊外の情報満載の【NY特集サイト】はこちら!

【関連ツアー】
ニューヨーク1日市内観光 ~マンハッタンストーリー・デラックス~
夜景ざんまいツアー ~マンハッタンの夜景を満喫します~
ニューヨーク発ナイアガラ1日観光 ~往復航空機利用、昼食付き~
「鉄道の旅」アムトラックで行く首都ワシントン1日観光
メトロポリタン美術館 「美術専門ガイドによる解説ツアー」

 

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.