この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

アムトラックで行く首都ワシントン1日観光 体験記 その②

<NY発 アムトラックで行くワシントン1日観光>体験記の続きです・・・スミソニアンモールにある西端リンカーン記念塔をあとにして、アーリントン記念橋を渡ってバージニア州へ。ペンタゴンの外観をみつつ、昼食場所となるファッションモールへ移動です。ペンタゴンの周辺は、テロの影響もあり、写真撮影は禁止されています。ペンタゴンにはペンタゴン専属のポリスがいて警備しているそうです。

その後、ファッションモールにて昼食と買い物のため1時間の自由時間。モールにはMacy'sやGuess、Ann Taylor、Sehora,Gap、Banana Republic、その他にも靴、ゲーム、時計などが売っており、買い物が楽しめます。1階はフードコートになっており、いろいろな食事が楽しめます。残念ながら建物内は撮影禁止でした。

満腹になったところで、次に向ったのはアーリントン国立墓地

アーリントン墓地1

この墓地には著名人、戦争で亡くなった方々が眠っています。著名人の中には、ジョン・F・ケネディ大統領、タフト大統領、
ワシントンの街を設計したピエール・ランファンなど。ここは国立の墓なので、この墓に入る条件がいくつかあり、20年以上の軍人、アメリカに貢献した人、戦争で亡くなった人、そしてその家族である妻、18歳以上の子供と限られているそうです。埋葬は国費でまかなわれるそうで、一日20件の葬式が行われ、現在27万体が埋まっているそうです。

アーリントン墓地2

ここがジョン・F・ケネディの墓。娘など、4人の遺体が眠っています。そして丸い部分には灯火が見えます。

アーリントン墓地3

墓地を後にして、バンはポトマック公園の桜並木を通り、航空宇宙博物館へ向います。

桜並木とポトマック川

残念ながら、季節がら桜を見ることは出来ませんでしたが、話によると、桜の木は当時植えられた幹もまだ現役であるそうです。

航空宇宙博物館へ到着。
ここは名前の通り、航空機と宇宙船に関するものが展示されている博物館です。ここで約1時間の自由時間。ガイドさんが30分ほど、見所を案内してくれました。

航空宇宙博物館1

ライト兄弟のコーナー。ライト兄弟は、この飛行機の模型の凧をヒントに空を飛ぶことを思いついたのだそうです。ここは「How things fly?(どのように物は飛ぶのか?)」というコーナー。「なぜこのボールは落ちないの?」というこのコーナー。この写真に写っている地球は実は浮いてるんです。

航空宇宙博物館2

ここにはいろいろな体験コーナーがあって、小さい子供達がいろいろ試して楽しんでいました。ここでのお土産は、宇宙でも水の中でも無重力の中でもつかえるというペン、そしてこのフリーズドライのアイスクリームが有名だそうです。

航空宇宙博物館3

でもこのアイス、フリーズドライでとても軽い。アイスというからには冷たいのでしょうか?気になる方はぜひ買ってみてください。

この博物館を最後に、ワシントンのツアーは終了。ユニオン駅に戻ったところで、ガイドさんとお別れです。各自アムトラックに乗車、ニューヨーク・ペンステーションへと向かいます。このツアーを通して思ったのは、ただ観光するのと違って、ガイドさんの説明を聞きながら歴史などを聞きつつ観光すると、とても興味深く、勉強になるだけでなく、過去の時代背景、歴史をとても考えさせられる、大変ためになったツアーだと思いました。この政治の中心地ワシントンを、ガイドさんの説明を聞きながら、勉強しながら観光する事をお勧めしたい、そんなツアーでした。

【注意:スケジュール、訪問箇所は変更となる場合があります】

【関連記事】
ワシントン・スミソニアン航空宇宙博物館~月光、紫電改、晴嵐も見れる~
ワシントン スミソニアンの「国立自然史博物館」
ワシントンDCの道草  ~芸術編~
スミソニアン航空宇宙博物館~ワシントンで人気博物館~
アムトックで行く首都ワシントン1日観光 体験記

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.