この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

クロアチア旅行記⑨ Day4: 11/22  アドリア海沿岸都市 スプリットを訪ねる ③

前の記事を読む

◇Buffet Fife

さて、明かりが灯されて綺麗に輝くスプリット街を抜けて、地元の人・観光客に人気の安くて美味しいレストラン“Buffet Fife”に訪れた。(現地人の発音はフィファ) 街の西の外れ、マルヤンの丘への道の途中にあるこの小さなレストランはシーフードが美味しく良心的な値段が嬉しいレストランだ。

スプリットではイカ墨のリゾットを食べると決めていた。(友人の勧め) でもやっぱりここでもやはりオーナーお勧め地元料理を食べずにはいられない。 ということでお腹も空いていたのでガッツリ2品をオーダー。

Crni rižoto od Sipe (イカ墨リゾット) 言うまでもなく美味

Pašticada (ダルマチア風ビーフシチュー パシュティツァダ) オーナーお勧め。一緒に出されたニョッキも本当においしかった。

ハウスワインとしてだされた白ワインは、ボトルを買いたいほど美味しかった。Vino Graševina kvalitetno。あとで調べたらGraševinaはバルカン半島を起源とするグレープでクロアチアの白ワイン作りで最も利用される品種だそうだ。ワインの種類で言えばリースリングと同じような味わいだった。個人的にはドイツのリースリングBlackTowerと同じ位美味しかったと思う。1/4リットルでUSDにして3ドルくらい。。。安い、安すぎる。と1人で飲み干した。

ここのご主人、本当に良心的で、2品頼んだ私のシュティツァダを半分量・半額にしてくれていた。(レシートをみて後で気づく)さすがにアジア人の女1人で2皿は無理だろうと思ったのだろう。感謝感謝。


Buffet Fife
Trumbićeva obala 11, Split
tel: +385 (0)21 345 233

 

 

 

◇Luxor

そしてやっぱり食べたいデザート。 旧市街の大聖堂の目の前に建つ有名なカフェLuxorにやってきた。スプリットの観光ガイドで必ず紹介されるといってもいいほど人気のカフェ。店内はとてもお洒落な雰囲気。

オーダーしたのはKrempita、またはKremsnita(クレームシュニッタ)と呼ばれるお菓子。パイ生地にはさまれたプリンのような、カスタードクリームのような味。このクレームシュニッタはクロアチアでは定番のデザート。名前は違うが、大抵どこのカフェでもこの種のペストリーを見つけることができる。そしてもちろんカプチーノもオーダー。Lady Finger Biscuitのような軽いビスケットとふわふわにあわ立ったミルクななんとも美味だった。(写真右ルクソールにて。写真左空港カフェにて)

 

心もお腹も満たされて早めの就寝・・・・のはずが、インターネットのニュースで翌日訪れるドゥブロブニクが大洪水という速報を発見!!??

映像を見る限り旧市街は膝下くらいまで水没状態・・・・・坂道は急流のごとく流れ、歩く人は泳いだほうが速いほどの水かさ・・・ 午後に起こったあの大雨はドゥブロブニクを直撃したようだ。。。 せっかくの旅行が・・・というよりむしろドゥブロブニクへのバスは運行しているのだろうか・・・安全なのか?・・・いや、しかし帰路はドゥブロブニクからザグレブ行きの航空券を買ってあったのでもう行くしかないし・・・。そんな不安な思いの中、就寝。

 

大聖堂と鐘楼 

翌日、8時に開店する靴屋に直行洪水のドゥブロブニクに備え長靴を購入(80Kn)。

そして、前日行けなかったぺリスティル広場の東側にある大聖堂へ。この大聖堂はディオクレティアヌス帝が自身の霊廟そして建てたらしいが、その後キリスト教の教会となった。そこまで大きくはないが、その8角形の建物の内部はなんとも神聖な雰囲気。教会内は暗すぎて撮影ができなかった。

そのすぐ外にある鐘楼塔に登ることに。塔の開門とともに一番にチケットを買った(まぁ閑散期だったので他の観光客の姿は見えなかったが・・・)。夏場は大混雑で数時間待ちというから驚きだ。その理由は一目瞭然。 階段の狭さ

 

一段一段がとても高く、足腰に自信のない方はお勧めできないほど。。。頂上までやっとの思いで到着。息切れをしている自分、運動不足さが露呈・・・

運動不足はさておき、 頂上からの眺めは素晴らしい。オレンジ煉瓦の市街を見渡すこの鐘楼は息を切らして登るに値する。
曇り空だったのが残念だが、濡れた煉瓦はそのオレンジ色が一層濃く鮮やかに観えた。

ザグレブと次の目的地ドゥブロブニクをメインにしていたこの旅行だが、スプリットには予想外に楽しませてもらった。ここから郊外の村々やアドリア海に浮かぶ島々へボートで出かけることができるので、いつかまた、夏に戻って来たいと思う。(雨が降ってない時に・・・)

さて、観光も一通り終わり、スプリットから再びバスに乗って”大洪水”らしい次の目的地 ドゥブロブニクに出発した。

次の記事を読む

[by: カワ]

[geo_mashup_map]

【関連記事】
● ドゥブロヴニク:紺碧の海とオレンジ瓦♪
● クロアチアの国章に謎の生物!?
● 南イタリアの世界遺産メルヘン調のアルベロベッロ
● 旅行に便利なiPhone/Touchアプリ紹介!【指さし会話touch&talk】
● フランス旅行を存分に楽しめる「マイバス」 カリスマ・ガイドの辻さんがお勧めコースをご案内!
● オーストリア音楽散歩 「散歩の始まりはモーツァルト像とト音記号の花壇から~」
● ギリシャ 「天空の修道院」メテオラ  ~ギリシャの世界遺産を訪ねる~
● イギリス・チェシャー州「不思議の国のアリス」と英国庭園巡り
● アテネのパルテノン神殿(世界遺産)
● Ciao, Italyヾ(≧∇≦*)〃

 【関連ツアー】
● クロアチア・スロベニア7日間
● 麗しのイタリア8日間 ~イタリアの世界遺産をたっぷり観光する人気コース~
● スペイン満喫 7日間
● オーレ エスパーニャ7日間 ~3つの世界と魅惑のアンダルシア地方を訪ねる~
● 情熱のスペイン 7日間 ~アンダルシアの白い村とラ・マンチャの風車~
● マドリード市内半日観光 (午前)
● スペインハイライト 5日間
● トレド半日市内観光 (午後)
● セゴビア半日観光 (午前)
● マドリード フラメンコ・ツアー(飲み物付)
● マドリード旧市街徹底観光とチューロスとチョコラーテのおやつ

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.