グランドサークル

ここは本当に地球なの?知る人ぞ知る秘境、ユタ州「キャンディクリフ」はとってもカラフルな絶景だった!~Candy Cliffs(Yant Flat)~

波のように隆起した縞模様の地層「ザ・ウェーブ」はテレビや写真などでお馴染みの方も多いと思います。
但し、ここに行きたくても、ご存知の通り、自然保護の為に1日20名に入場制限をしており、運よく抽選に当たった人しか行くことのできない運まかせのスポットです。

でもその近くに、必ず行けば見れるザ・ウェーブに似た風景が存在するのです。
日本人の間ではおろか、まだアメリカ人の間でもあまり知られていない知る人ぞ知る秘密のスポットをご紹介します。

ユタ州はディキシー国立森林公園(Dexie National Forest)あるヤントフラット(Yant Flat)

ラスベガスから西に車で2時間ほど走り、セントジョージを過ぎてリーズという小さな町が最寄の町。
そこからハイキングトレイルの入り口までは30分ほど勾配もある未舗装のガタガタ道を行かなくてはいけないので、4WDの車でないと辿りつけません。
今回は道が乾燥していましたが、雨が降った後などぬかるんでいるとかなり轍が深くなり、4WDでないと
絶対無理とのことです。

ザ・ウェーブの抽選に外れた際に代わりに行くことの多いバーミリオンクリフス国定公園ホワイトポケットも有名ですが、そこに比べ、ここは起点であるラスベガスからも程近く、ハイキングトレイルの入り口までの未舗装の道を走る時間も距離も短いのでアクセスが良いことが利点です。

まず魅せられたのはこのネーミング!
このヤントフラットは地元の人達からは通称「キャンディクリフ」と呼ばれています。
キャンディ?のようなクリフってどんなところなんだろう?心がときめきます。
なんともかわいいネーミングですが、ここに来るとその意味がわかります。

トレイルヘッドに車を停め、平坦な砂の上を歩くこと約30分。

急に視界が開けてこのような大パノラマが広がります。
遠くにはザイオン、グランドキャニオンが望めます。

道なき道をひたすら歩きまわる。。。。
トレイルの道標なんてものはありません。
迷ったらおしまい。来た道のポイントを覚えておきましょう。

なんだここは?
目の前に広がる地球とは思えない景観にただただ圧倒。

このユニークな景観を作り出しているナバホ砂岩層は約1憶8000万年前から存在し、地殻変動で海底が隆起しました。そこに風によって運ばれた砂が堆積し1500万年もの時間をかけて形成された地層です。躍動感がすごい!

縦横無尽に隆起した岩肌の上を歩いていると、平衡感覚がおかしくなって、岩の波におぼれそうになります。

岩肌はこのように風や雨水によって削られて、縞模様だったり

亀の甲羅のような柄、チェッカーボードのようだったり中にはマーブルのような岩肌も。気が遠くなるような年月をかけてできた地層は、そこに含まれる酸化鉄の影響でこの淡いピンクやオレンジ色などとっても色鮮やか。

起伏に富んだカタチ、風雨が創り出したデザイン、そしてカラフルな色。
その景観がまるでキャンディのようで「キャンディクリフ」と呼ばれるのもわかりますね。

まだ知られざる秘境「キャンディクリフ」
まさに自然の創り出したアートを楽しみながら自然の驚異を体験しに行きませんか。
見るだけでは伝わってこない躍動感が、ここに実際に足を踏み入れると感じられます。

なかなか個人ではまだ行きにくく、明確なトレイルがない道なき道を行くタイプのハイキングなので、
この土地に精通したハイキングガイド同行をお勧めします。
このキャンディクリフをを訪れるツアーも企画しておりますので乞うご期待。

By フィオナ


Candy Cliffs (Yant Flat)
Dexie National Forest
FR031, Washington, UT 84780
GPS Coordinates
(37°13’09.2″N 113°28’22.4″W)

 

【関連記事】
アメリカを訪問予定の皆様へ
ラスベガスから日帰りで行く大自然<レッドロックキャニオン国立保護区>
ラスベガス・プレミアムアウトレット営業再開
アロハマスクでハワイを応援!~海を越えたアロハマスク~売上の一部をハワイ医療従事者へ寄付
ワインの名産地:ナパ・バレーの経済活動再開の状況
満席の飛行機を避けたい方のための新しい航空基準
現地での夏の過ごし方♪ ~南カリフォルニアより~
人気国立公園の今!~ヨセミテ国立公園の最新情報~
2020年JTBUSA専門ガイドに学ぶオンラインセミナーと街の様子

looktour
Follow me

Comments are closed.