この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

アニマルキングダムでのとある1日 ~前編~ Day at Animal Kingdom

5月某日 開園時間よりかなり早いスタンバイだったので入り口に人はまばら。

DSC00303

いつも蒸し暑いオーランドも朝は比較的さわやかに過ごせます。アニキン(アニマルキングダムのことです)は、4大パークの中でも圧倒的に緑が多いので、私的には夏でも1番過ごしやすいパークだと思っています。 チケットを読み取る機械が新しくなりました。ここにもミッキー。うれしいなぁ。このところはこの機械に対応するチケットを持っている場合のみ、ここを通過。わくわく気分が、いやがおうにも盛り上がる~!!  開園と同時に入園。 まだまだパーク内の様子も人々にも余裕があります。 やっぱり早起きはお得です!アニキンは他のディズニーパークと違って、ライドやショーなどを楽しむだけでなく、生き物たちがあちらこちらにいるのが、私にとっては大きな大きな魅力です。口ばしがスプーンのような鳥を右手に、大アリクイがいつもの場所で眠っているのを左手にちらりと見つつ、ずんずん先に進みます。と、パークのシンボル、ツリーオブライフがどど~んとお出迎え。

DSCN0589

幹にはたっくさんの生き物たちが彫られていますが、いくつ見つけられるかなぁ?このツリーオブライフの根元にあるのが、映画バグズ・ライフがテーマのIt’s Tough to be a Bug. ツリーオブライフの幹の回りを幹の中に向かってどんどん進みます。子供たちも大喜びのかる~いアトラクションですが、中には号泣しちゃう子も。 虫嫌いにの方には、少々罪なアトラクションです。

DSCN0592

ゴミ箱にもツリーオブライフが、よ~く見るといろいろな生き物が 描かれています。  一番奥にあるアフリカエリアを目指して進みます。

DSCN0596

キリマンジャロサファリ は一番好き。   アニキンのダントツおすすめアトラクションです。アニキンに来るたびに、最低1回は必ず乗ります。入り口では、根と幹を逆さまにしたようなバオバブの木が迎えてくれます。

DSC00325

日によって、出会える動物たちがびみょーに違うので、今日はどんな子たちに会えるか楽しみ~。車に乗りながらですが、サービス精神旺盛なキリンと象の写真が撮れました!

DSCN0641

DSCN0659

キリンやサイ、ダチョウとかは、車のすぐ近くまで寄ってくることもあり、結構迫力があります。この日は2頭のサイが車の行く手を阻み、彼らの気がすんで道をあけてくれるまで10分ほど、車が止まってしまいました。

DSCN0665        DSCN0674

ライオンは残念ながら大きな手のひら(足の裏?)しか見えませんでしたが、カバやワニやシカやシマウマなど、充分満喫できました。お隣にある 歩いて回る動物園のようなパンガニ・フォレスト・エクスプロレーション

DSCN0599

ゴリラのまったり写真を撮ることができました。 気持ちよさそうに眠っています。身近な誰かにそっくり?って?

DSCN0677

ガラス越しに水の中を泳ぐカバを見たり、鳥を放し飼い(?)にしているエリア(上に網がはってあります)を通ったり。ミーアキャットはこんな安全な場所でも、しっかり遠くを見張っています。

DSCN0610

ハランベの駅からワイルドライフ・エクスプレス・トレインに乗って、コンサベーション・ステーションまでひと時の旅。

DSCN0628

鳥やワニ以外の動物たちは日暮れ とともに、お家に戻って眠るそうです。車窓?より、その“お家” を一部見ることができます。駅を出たら建物に向かって歩いていきます。 足元には動物たちの足跡が。

DSCN0600

建物の中には動物たちのお家に設置したカメラのアングルを自在に動かせる機器や(これで今日お家でお休みしている子達の様子がわかります)動物たちの診察室、日々与えられているごはん  のサンプルなんかを見ることができます。爬虫類やタランチュラなんかもいます。 クネクネ・ピッグ(Kunekune Pig)がいるって書いてあるけど、見つけられなかったなぁ。 どんな子? クネクネ?建物の裏手には子供たちが大好き、じかに羊やヤギを触れるエリアが。見た目が靴ブラシのような固めなブラシで直接ブラッシングすることも。

DSCN0624

ちょうどごはん時だったのか、ヤギたちは人間の子供たちを尻目に、一心不乱に草を食べていました。このエリアに来て初めて知ったのですが、ヤギの瞳は横長なんです。その横長の目をじっと見つめていると、何だかとっても不思議な気分。人間が考えてる事なんて、何もかもお見通しよ、って言われているみたい。 ハランベの駅に戻ったら、ショップをのぞいてアフリカテイストのディズニーグッズを物色。アニキンオープン(1998年)以来、普段使いのマグカップは、代々ここで調達しています。 タスカーハウスを横目でみながら、朝いちでキャラブレもいいかもね、と思いつつ、アジアエリアに向かいます。途中、ツリーオブライフの裏側の写真スポットで、お約束の写真を一枚パチリ。真ん中のふくろうが印象的です。

DSCN0680

 さぁ、次はエベレストが待っている~! 後編につづく。 by N

 

【関連ツアー】
アニマルキングダム ガイドツアー
オーランド4日間(アニマル キングダム ロッジ宿泊、英語往復送迎付き)
オーランド4日間(Disney’s ポップセンチュリー宿泊、英語往復送迎付き)
オーランド4日間(WDWドルフィン宿泊)
ユニバーサル・スタジオ・フロリダ+アイランズ・オブ・アドベンチャー1日観光
【ディズニー】マジックキングダム記念撮影&キャラクターブレックファースト
【ディズニー】ハリウッドスタジオ ガイドツアー
オーランド:ケネディスペースセンター1日観光(KSC) 

【関連記事】
ダウンタウンディズニー レストランT-REXの素敵な雰囲気に感動!
宇宙を感じて大興奮… ケネディスペースセンターへ 
宇宙への入り口から大自然まで アミューズメント・シティ オーランド
ケネディスペースセンターで自由時間を大満喫 Kennedy Space Center, Florida
エバーグレーズ国立公園(世界遺産)

Comments are closed.