この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

クロアチア旅行記②  Day1: 11/19 経由地マドリッドで観光

《前の記事を読む》

11月19日午前9時頃定時でマドリッド到着。(アメリカに比べると入国審査もなんともスムーズ。JFKやLGAが世界最悪の空港といわれるのがわかる・・・)この日直接クロアチアへ乗り継いでも良かったが、せっかくなのでマドリッドに1泊することにした。 下の写真はダウンタウンのとある路地

この日はダウンタウンにある利用者のレビュー評価が高かったホステルを選んで泊まった。ラッキーなことにここで市内ウォーキングツアーを行っていたので参加することに。 3時間少々かけて市内の名所を歩き回るという内容の濃いもので予想以上に色々なところに行くことができた。以下写真とともに掻い摘んで紹介する。

 Puerta del Sol(プエルタ デル ソル)

 “太陽の扉”という意味のこの広場はかつてマドリッド市(現在旧市街)への入り口の役目を果たしていた。この広場に立つ木の実を食べているクマはマドリッドのシンボル。マンホールや市営バスなどいたるところにこのマークがついている)ニューヨークでいう自由の女神のような存在らしいが結構かわいい。 (このクマについての詳しい話は聞きそびれた・・・)

  

 

Plaza Mayor(マヨール広場)

かつてマドリッドの中枢機関として様々な役所が集まっていた広場。現在この広場にあるアパートは世界でも有数の高値らしく、家賃は5万ユーロ以上なんだとか。1日2千ユーロくらい・・・どんな人が住んでいるのだろうか・・・冷汗

   

 

Palacio Real(王宮)
Catedral del Ntra. Sra de la Almudena(アルムデーナ大聖堂)

フランスベルサイユ宮殿で育った国王の命令によって建てられた宮殿(左)でフランスやイタリアの宮殿の影響が大きい美しい王宮。巨大なカテドラル(右)が隣接している。

  
 

 

Teatro Real(王立劇場 オペラ座)

イサベル女王2世(写真下) が創らせた劇場。外観は王宮の隣に建てられたということでわざと地味な造りにしたそうだ。(王宮より豪華な建物はご法度だったそう)しかし内装はとてもゴージャスだそう。(時間がなくて入れなかったのが残念)ちなみにこのオペラ座の正面はイサベル女王2世広場(現在工事中)という。

    

 

Gran Via(グランビア)

新市街に延びる大通り。シアターなどが並ぶ有名な通りだ。旧市街に比べ1900年代初頭のアメリカの町並みを思わせる華麗な柱やバルコニー付きの建物が並んでいる。

 

 

Plaza de espana(スペイン広場)

グランビアの突き当たりに位置する公園で、有名なドンキホーテとパンチョが出迎えてくれる。

 

 

Real Academia de Bellas Artes de San Fernando
(王立サン・フェルナンド美術アカデミー)

スペイン出身の画家を中心としたスペイン美術作品を数多く展示する美術館。スペイン美術好きの私にはたまらない美術館の一つ。今回はプラドだけで時間オーパー(後述)

 

Centro de Arte Reina Sofia(ソフィア王妃芸術センター)

アトーチャ駅の向かいに建つ、モダンアートを中心とした美術館。ピカソ、ダリ、ミロなどスペインを代表する19世紀後期~20世紀初期に活躍した巨匠作品が並ぶ。中でもピカソのゲルニカ(予想以上に大きいのでびっくり)は有名。

 

Museo del Prado(プラド美術館)

世界5大美術館の一つに数えられる巨大美術館。絵画の所蔵数で言えば世界一だそうだ。建物正面で宮廷画家の巨匠ベラスケスが出迎えてくれる。(チケットオフィスと入り口は別) 1日あっても回りきれないので、今回はスペイン絵画のセクションのみを回った。ベラスケス、ムリーリョ、ゴヤ、エルグレゴ、リベラなどと久々の再会に感無量。笑

 

 

◇時間が合ったら見たい場所◇

マドリッドで一番短い通りは “Calle Madrid(マドリッド通り)” 

ガイドさんがおまけで連れて行ってくれた通り。本当に10メートルほどしかない短い通りだった。なんとも皮肉な・・・

 

 

選ばれた男のみ訪れるジェントルマンクラブ

一般庶民には手が届かないほど会員費が高い金持ちしか入れない男性の館(いわゆる高級キャバレー)。数年前まで女性客は立ち入り禁止だったそうだ・・・どんな華やかな美女達が男達を楽しませているのでしょうか。

 

マドリッドは単なるストップオーバーでここまで色々周れると思っていなかったので、本当にウォーキングツアーに参加して正解だった。夜は翌朝のクロアチア行きに備えて早めに就寝・・と思っていたが、ツアーでできた友人とタパス・バー巡りをした為、結局2AMに就寝・・・。 ※この話タパスの話はまた今度することにする。ちなみに夕食はベタだけどチキンとシーフードのパエリアをいただいた。

次回はいよいよ(ようやく?)本題のクロアチアについて話をはじめようと思う。

次の記事を読む

[by: カワ]

【関連記事】
● ドゥブロヴニク:紺碧の海とオレンジ瓦♪
● クロアチアの国章に謎の生物!?
● 南イタリアの世界遺産メルヘン調のアルベロベッロ
● 旅行に便利なiPhone/ Touchアプリ紹介!【指さし会話touch&talk】
● フランス旅行を存分に楽しめる「マイバス」 カリスマ・ガイドの辻さんがお勧めコースをご案内!
● オーストリア音楽散歩 「散歩の始まりはモーツァルト像とト音記号の花壇から~」
● ギリシャ 「天空の修道院」メテオラ  ~ギリシャの世界遺産を訪ねる~
● イギリス・チェシャー州「不思議の国のアリス」と英国庭園巡り
● アテネのパルテノン神殿(世界遺産)
● Ciao, Italyヾ(≧∇≦*)〃

 【関連ツアー】
● クロアチア・スロベニア7日間
● 麗しのイタリア8日間 ~イタリアの世界遺産をたっぷり観光する人気コース~
● スペイン満喫 7日間
● オーレ エスパーニャ7日間 ~3つの世界と魅惑のアンダルシア地方を訪ねる~
● 情熱のスペイン 7日間 ~アンダルシアの白い村とラ・マンチャの風車~
● マドリード市内半日観光 (午前)
● スペインハイライト 5日間
● トレド半日市内観光 (午後)
● セゴビア半日観光 (午前)
● マドリード フラメンコ・ツアー(飲み物付)
● マドリード旧市街徹底観光とチューロスとチョコラーテのおやつ

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.