ニューヨーク/マンハッタン

サブウェイアート~ニューヨークの地下鉄の駅に描かれたモザイクアート[1,2,3ライン編]


ニューヨークの地下鉄のモザイクアートを紹介するブログも3回目を迎えました。これまでに、黄色のQライン、同じく黄色のN、R、Wラインのサブウェイ・アートを紹介してきましたが、今回は、ウェストサイドを走る赤の1、2、3ラインのモザイクアートを特集します。

1Houston Street駅では、ニューヨーク在住のDeborah Brownのアートがフィーチャーされています。海の底の地下鉄の駅がテーマで、海に住む生物が描かれています。

私のお気に入りは、ポールダンスをするタコ。

150th Street駅では、Liliana Porterが描いた、ルイス・キャロルの不朽の名作「アリスの不思議な国」をテーマに、駅の周辺にあるブロードウェイの舞台美術を表現したモザイクアートを見ることができます。ウサギを追って穴に落ちたアリスも、地下鉄も、どちらもアンダーグランドの体験ですが、双方の体験、かなり違いますね。

1、2、334th Street駅では、Elizabeth Grajales作の鳥や動物が描かれたモザイクアートがフィーチャーれていています。子供の頃、この駅を利用した際に、とてもどんよりとおもしろみがない駅という印象があって、この駅を利用する人たちに朗らかなで穏やかな街の避難所のような空間になるようにというアーティストの思いが込められています。

こちらの1WTC Cortlandt駅は、ワールド・トレード・センターのほぼ真下にあった駅で、2001年の9月11日アメリカ同時多発テロによって大きな被害を受け、閉鎖されたままでしたが、昨年9月8日に再オープンしました。Ann Hamilton作のChorusという作品で、1776年の独立宣言と1948年の国連の世界人権宣言の文章がフィーチャーされています。

1South Ferry駅は、2012年にハリケーン・サンディの多大な被害を受け、2017年に再オープンしました。ブルックリンの双子のアーティストDoug and Mike Starnによる、シルエットの木々マンハッタンのヴィンテージの地図、駅の近所にあるバッテリーパークを描いたモザイクアートがインストールされています。

番外編:
モザイクアートではありませんが、同じくFranklin Street駅「Respect」の看板について、書きたいと思います。これは、ニューヨークの地下鉄を運営するMTAが、2018年に他界したソウルの女王アレサ・フランクリンの追悼の意と功績を称えて、アレサ・フランクリンの代表曲でもある「Respect」と書かれた看板をフランクリンの名前がつくニューヨーク市の駅に設置したものです。「Respect」の看板は、このマンハッタンのFranklin Street駅の他に、ブルックリンのFranklin Ave駅にも、設置されています。

いかがでしたか?今回は赤色1、2、3ライン駅のモザイクアートでした。ニューヨークの地下鉄に乗ったら、モザイクアートに注目してみてくださいね。また違った楽しみがあるかもしれません。次回もお楽しみに。

by ya & ゆ

 

【関連記事】
サブウェイアート~ニューヨークの地下鉄の駅に描かれたモザイクアート[Qライン編]
サブウェイアート~ニューヨークの地下鉄の駅に描かれたモザイクアート[N,R,Wライン編]
ホイットニー美術館がお引越ししました!~ Whitney Museum of American Art
マンハッタンのど真ん中、意外に楽しめる観光スポット的な空間
夜景ざんまい『ゴールド』~ディナーと夜景とエンパイアを満喫~
ミートパッキングエリアのニュースポット「RH New York」ルーフトップレストラン
NYで話題のフードが集まるミッドタウンイーストのフードコート、Urbanspace @ 570 Lex
ヌードルが人気のオシャレな中華料理店『Hao Noodle』Chelsea
季節限定で、ハドソン川に浮かぶ、おしゃれな船上バーGrand Banks
メニューは一品のみ!究極のカオマンガイ(海南鶏飯)専門店Eim Khao Mun Kai
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.