この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

北スペイン周遊の旅 ~にわか巡礼者になる④~ SANTIAGO DE COMPOSTELA

前の記事を読む> さて、スペイン語でサンティアーゴ聖ヤコブのことコンポステーラ星の野原とか、コンポストンを意味するそうです。

“ ヤコブは44年ころ十二使徒中最初の殉教者となりました。聖遺体はスペイン北西端の町、コンポステラに移され埋葬され、サラセン人の侵入以来所在不明になっていましたが813年、野原のへりにあった洞窟のなかにヤコブの墓が見つかり、アストゥリアス王国の王が教会を建てました。”

12世紀エルサレムへの巡礼が危険になってからは、西ヨーロッパの信者にとって最も重要な巡礼地となり、いわゆる「巡礼の道」の終着点として殷賑をきわめました。

巡礼者たちは、ホタテ貝の貝殻を首からぶら下げ、つばの広い帽子をかぶり、大きな外套に巡礼杖といういでたちで、「サンティヤーゴへの道」を歩きました。

撮影禁止で写真がないんですが、真ん中の方がヤコブ様で、階段で後ろが通れるようになっていて、後ろからヤコブ様を抱いてお願いをします。私ももちろん後ろから抱きしめてお願いをしてまいりました。

大聖堂の裏には修道院がありました。

何百キロも歩いて巡礼をした人たち‥ また何百キロ歩いて帰ったんですね‥。

大聖堂を後に‥ さあお土産屋さんにいざ出陣!

大聖堂からこんな路地が続きます

1ユーロだったので買いましたけど‥


1000年以上の歴史を持つ聖地への道は、今も年間およそ10万人がピレネー山脈を越えてゆくそうです。巡礼の拠点の街には巡礼事務所があり、巡礼者の証明となる手帳を発行し、道沿いには無料の宿泊所が整備され、巡礼者の足を水で清め、旅の無事を祈り、食事も用意され、中世さながらの「洗足の儀式」が行われているそうです。これらは巡礼を支える人々の無償の奉仕で成り立っているということです。

<by Dody>

関連ツアー】
最高級のパラドール デ サンティアゴ デ コンポステーラに泊まる北スペイン7日間
バルビオからサンチャゴ デ コンポステーラまで北スペイン周遊7日間
憧れのパラドールに泊まる スペインハイライト 5日間 (スーぺリアクラス利用)
スペインハイライト 5日間
オーレ エスパーニャ7日間 3つの世界と魅惑のアンダルシア地方を訪ねる
情熱のスペイン 7日間 ~アンダルシアの白い村とラ・マンチャの風車~ 
マドリード市内半日観光 (午前) 
トレド半日市内観光 (午後) 
マドリード フラメンコ・ツアー(飲み物付) 

【関連記事】
スペインの異邦 ガリシア地方 Galicia, Spain
クロアチア旅行記②  Day1: 11/19 経由地マドリッドで観光
旅行に便利なiPhone/ Touchアプリ紹介!【指さし会話touch&talk】

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.