サンフランシスコ 2022年9月6日

孤島の刑務所・アルカトラズ島と人気スポット・フィッシャーマンズワーフへ行ってみませんか?


アメリカ西海岸の大都市・サンフランシスコに旅行に来られる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ユニオンスクエア、坂道で有名なロンバート通りやチャイナタウン、ゴールデンゲートブリッジ等など、ダウンタウンでも有名どころが目白押し!そんな中で、やっぱり一番人気はアルカトラズ島とフィッシャーマンズワーフではないでしょうか。そこで人気スポットのアルカトラズ島フィッシャーマンズワーフに焦点を当ててご紹介します!

 

国立公園にもなっている「アルカトラズ島」、脱出不可能な元刑務所で有名ではありますが、実際に収容された犯罪者として有名なのは、アル・カポネ (Al Capone) でしょうか。シカゴを取り仕切っていた極悪犯罪組織の親玉、アルカトラズ島に収容する前もアトランタや他の刑務所でも収容されていたそうですが、看守に賄賂を贈り、収容生活は普通の生活そのもの。ふかふかのベッドに美味しい食事、刑務所長にいつでも会えるなどの特別待遇がされていましたが、1934年にアルカトラズに収容されてからは特別待遇も全てブロック!他の囚人と同じ生活へとなりました。(特別待遇はなかったものの、アルカトラズ刑務所では他の囚人と共にバンドを始めたそうです🎸)

🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦🌟🐦

アルカトラズ島が悪名高い「孤島の刑務所」となるずっと前のお話となりますが、アルカトラズ島は海鳥が生息する岩場の多い島でした。1775年にスペイン探検家がサンフランシスコ湾に入港し、目ぼしい島などに名前を付けた際に、 "Isla de los Alcatraces" (ペリカン島) と名付け、現在のアルカトラズ島へとなりました。

その後1848年にはサンフランシスコ北のアメリカ川沿いから金が出てきたことにより、金を求めてカルフォルニアにたくさんの人が一攫千金の夢をもってゴールドラッシュが始まりました。カルフォルニアは当時は既に米国領地でしたが、旧メキシコ領・旧スペイン領だったことから、他の国からの金をめぐる侵攻を防ぐためにも、アルカトラズ島は砦として軍保有地となりました。その後、1934年からの29年間は、アルカトラズ刑務所として運営されました。

このアルカトラズ島の収容房がある地下にも、軍保有されていた当時の地下室や地下トンネルがあるんですけど、それは実際にいかれた際のお楽しみに!サンフランシスコに訪問が決まった際には、アルカトラズ島ツアーをお早めにお申込みされることをお勧めします!1つはサンフランシスコ市内観光+アルカトラズ島ツアーこちら、もう1つはアルカトラズ島ツアー(午後発)こちら!どちらもチケット手配が困難ですので、お申込みはお早めに!

🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟🌊🐟

そしてもう一つの人気スポットはフィッシャーマンズワーフ!お食事に、お土産に、そして日向ぼっこを楽しむアシカ達❤で有名なフィッシャーマンズワーフ!それぞれのお勧めや豆知識をご案内します!

<先ず其の1・お食事>お食事と来たら、やっぱりクラムチャウダーボールや新鮮なシーフードを使った料理の数々!美味しそうなものが有りすぎて、迷いに迷ってしまいます

お勧めは、Fog Harbor Fish Houseで窓際席でピアを眺めながらのお食事!サンフランシスコ発祥のお魚のだしが美味しい「チョッピーノ/Cioppino」お魚シチューで、カニが盛りだくさん!サンフランシスコはイタリアからの移民も多かったため、その人たちが移民の際に持ち込んだそうです。もちろんクラムチャウダーボールもあります!是非どうぞ!

レストラン情報:Fog Harbor Fish House✅

<其の2・お土産>日本でも有名なギラデリ・チョコレート。アメリカの代表的な老舗チョコレートとしても知られていますが、フィッシャーマンズワーフには昔からのギラデリ・チョコレート工場があり、今は歴史的建造物としても残っています。

The Original Ghirardelli Ice Cream & Chocolate Shopで当時のチョコレートを作る道具がそのまま残っていますので、お土産のついでにお立ち寄りしてみてください。

お店情報:The Original Ghirardelli Ice Cream & Chocolate Shop✅

<其の3・見所はアシカ!>やっぱりこれを見ないとサンフランシスコに来たとは思えない、日向ぼっこするアシカ達!でもこのアシカ達は昔からここに住み着いていたわけではないんです。1989年に大規模な大地震が発生、それを発端に翌年から最初は10-50頭が来始め、イワシなどの魚も豊富でピアは環境保護区でもあったために、数か月のうちに300頭までに上りました。冬季の間は、900頭もの数のアシカが冬を過ごし、夏の間は繁殖期のために南下するので数が減りますが、それでも一年中季節に関係なく住処としてるアシカがいるそうです!

 

如何でしたでしょうか?個人的に刑務所とは縁がないので、怖いもの見たさでアルカトラズ島での刑務所生活の一部を見てみたい。。と思う方は私だけではないと思います。サンフランシスコにお越しの際には、是非アルカトラズ島への訪問と、にぎやかなフィッシャーマンズワーフでの海沿いの解放感を味わってください!

 

by クロ猫

 

looktour
Follow me

Comments are closed.