ニューヨーク/クイーンズ

フォレストヒルズのスタイリッシュなモダンメキシコ料理〜Metro Taco

クイーンズのフォレストヒルズに、おしゃれな隠れ家的メキシカンレストランMetro Taco(メトロ・タコ)を見つけました。駅から少し離れたところにあるのにも関わらず、地元の人で賑わっています。お店は、白を基調にしたしシンプルなインテリアで、メキシカンのレストランというとより、ブルックリンにあるカフェっぽい感じです。メニューは、メキシコ料理に一工夫加えてあるモダン・メキシコ料理が中心です。Nacho Tower(ナチョタワー)
隣の人たちが食べてるのを見て真似して注文したナチョスでできたタワー。重ねられたトルティーヤの間には、チーズ、ハラペーニョピクルス、ブラック・ビーン、青ネギ、サルサなどのいろいろな具が挟んであります。ラザニアみたいです。Adobo Brussels(アドボ・ブリュッセルズ)
カリカリの芽キャベツは、このくらい茶色くなるまでローストしてあるのが好きなので、私にぴったりの焼き加減でした。燻製の風味がするピリ辛なサルサとチーズ、玉ねぎのピクルスち合わせると、急に、メキシコな味になります。C.E.C.(C.E.C.タコス)
アメリカではあまり見かけないウズラのタマゴの目玉焼きが可愛い、チョリソとエッグとチーズのタコス。タコスは、1皿に2つで、他の料理に比べて盛りが小さい気がしますが、前菜などをシャアした後のシメにするなら、ちょうど良い大きさです。

Chili Relleno(チレ・レレノ)
チレ・レレノは、日本で言うところのピーマンの肉詰めのような料理です。ピーマンに似た、ちょっとだけ辛いポブラノと言うペッパーに、ご飯やチーズなど、いろいろな具材を詰めて、オーブン焼きにします。メトロ・タコのチレ・レレノは、にんにくと胡椒の香りが高く、チーズたっぷりで、ビールのお供にも良さそうでした。

Build Your Own Bowl(自分好みに作れる丼)
具材を選んで、自分好みの丼が作れます。まずは、白米、玄米、グリルド・ケールからベースを選びます。続いて、チキン、ポーク、チョリソ、ステーキなどの中から、主となるプロテインを選びます。次に、サルサや、サワークリームなどのソースを選びます。それに加えて、玉ねぎのピクルス、コーン、ブラックビーンとサルサが乗ってきます。追加料金で、芽キャベツやワカモレを足すことも可能です。下の組みわせは、玄米+チョリソ+サワークリーム+ワカモレです。Chicken Burrito(チキン・ブリトー)
ブリトーも、ボウルと同様、メインのプロテインを選べます。こちらは、チキンです。チーズ、ブラックビーンズやサルサが巻かれていて、ボリュームたっぷりです。トルティーヤで巻いただけのものが多いですが、正面にこんがり焦げ目がつくまで焼いてあって、香ばしさが増して、いつもより美味しく感じます。家でも、やってみようと思いました。メトロタコ、ちょっと駅から遠いのが残念なんですが、最寄駅は、地下鉄E、F、M、R線かロングアイランド鉄道のフォレストヒルズ駅で、徒歩約20分です。歩くのは苦手と言う方は、フォレストヒルズ駅から、71 Av/Metropolitan Avまで、MTAのバスQ23を利用すると便利かもしれません。

by ya

Metro Taco(メトロ・タコ)
102-15 Metropolitan Ave,
Forest Hills, NY 11375
https://metro-taco.com/

【関連記事】
クイーンズのフォレストヒルズで、本格ラテンアメリカ料理〜Cabana
中華街まで行かずにも、クイーンズで本格上海料理が味わえるBund
小龍包の名店出身の点心の職人が腕をふるうのMemories Of Shanghai
メニューは一品のみ!究極のカオマンガイ(海南鶏飯)専門店Eim Khao Mun Kai
旧全米オープンテニス会場、伝説のフォレストヒルズ・スタジアムで野外コンサート
あっさり塩ラーメンがオススメ!クイーンズのサニーサイドの冬ラーメン

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.