ロングアイランド

牡蠣剥き体験もできる海辺のオイスター小屋で新鮮シーフード〜Little Creek Oyster Farm & Market


ロングアイランドの港町グリーンポートの海辺にある牡蠣小屋Little Creek Oyster Farm & Market(リトルクリーク・オイスター・ファーム&マーケット)に行ってきました。リトルクリーク・オイスターは、19世紀の釣り道具と餌屋さんを改装して2014年にオープン。オイスターを目当てに、多くの人が訪れます。洗濯バサミでぶら下げられた手袋は、グリーンポートのインスタ映えスポットとして人気です。img_1 img_2お店の真ん前は、ハーバーで、特に夏場は、ヨットやがたくさん停泊しています。img_3 スパイシー・ブラッディマリーとビール
オイスターとピクルスが乗った豪華なブラディーマリー。擦ったホースラディッシュがたっぷり入っていて、スッキリした辛味があります。グラスの縁には、唐辛子のミックスが塗ってりますimg_4スモーブロー・プラッター
季節の野菜やフルーツ、チーズとサラミや生ハムを使ったオープンサンドの盛り合わせ。おしゃれです。img_5生牡蠣
産地や種類を選ぶことができます。刻んだオニオン入りのヴィネガーとレモン、ホットソースとホースラディッシュを好みでかけていただきます。私達は、3種類4個ずつ、計1ダースを注文しました。どれを選んで良いか分からない時は、お店の人に聞くと、それぞれどんな牡蠣なのか、教えてくれます。私達は剥いてもらったオイスターを食べましたが、リトルクリーク・オイスター・ファームでは、牡蠣を剥きの体験もでき、剥き方を教えてくれるそうです。img_6クラブロール
ロブスターロールは日本でもだいぶ知られてきましたが、リトルクリーク・オイスターでは、蟹の身を挟んだクラブロールが食べられます。蟹の身が贅沢にぎっしり詰め込まれていて、とっても満足感のあります。ビネガー系のコールスローもさっぱりしていて、とても美味しかったです。コールスローは、ベトナムのサインドイッチバンミーに乗ってる大根なますと似た感じがしました。付け合わせは、ピクルスと地元ロングアイランドのブランドNorth Fork Potato Chipsのポテトチップス。先日紹介したひまわり畑を運営するポテトチップスブランドです。img_7店内には、販売コーナーがあって、興味深い商品が並んでいます。こちらは、ポルトガル産の魚介の缶詰。イカとタコのデザインに惹かれて、つい買って帰ることに。タコは、中のオイルごと、オリーブと共にトマトソースを作って、パスタにしました。他には、食べた牡蠣の名前や味を記録する為のノートや牡蠣剥き用具など、普段あまり見かけない品物がずらりと並んでいるので、チェックしてみてください。

IMG_2332IMG_2330

by ya

Little Creek Oyster Farm & Market(リトルクリーク・オイスター・ファーム&マーケット)
37 Front St,
Greenport, NY 11944
https://littlecreekoysters.com/

【関連記事】
足を運ぶ価値あり、ブランチ専門店「ブルース アンド サン」 〜 ロングアイランド グリーンポート ~
ワインのある美しい風景〜日帰りで行く、ロングアイランドのワイナリー巡り
NY一番のコーヒーを煎る カフェ アルド ~グリーンポートを訪ねる~
10年後にはナパ バレーを超える!? ロングアイランドワイナリーツアー!
ニューヨーク・ロングアイランドのワインと大統領就任式ランチョン
シーフードとニューヨーク・ロングアイランドのワイナリー巡り その1
ヴァンダービルト博物館・美術館 ロングアイランドの豪邸を訪ねて
ニューヨーク州最古の灯台 ~ロングアイランドの突先モントーク~
ロングアイランドのワイナリーを訪ねる 人気上昇中!

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.