ニューヨーク/マンハッタン

【トニー賞候補作品】ブロードウェイ版ミーンガールズが感動的で面白すぎる!?~Mean Girls On Broadway~

MGM-0138M-BwyInbound-600x300px

ミーンガールズの3つのポイント

ミーンガールズは、トニー賞最多ノミネート(12賞)作品ブロードウェイ・ショー・ミュージカル!
★ミーンガールズは、大人気映画が、ブロードウェイにやってきた!
★ミーンガールズは、はじめてでも楽しめる、アメリカンな雰囲気が味わえるブロードウェイ・ショー

【あらすじ】

b1

両親の仕事の関係で、アフリカで育った主人公のケイディは、高校からアメリカの学校に通いはじめる。

何から何まで新しい物ばかり。ジャニスダミアンにアメリカの高校とは何かと教えられる。そして、「プラスティックス」と呼ばれる輝いている3人組に遭遇する。彼らは校内カーストのトップに位置している。その中のトップはレジーナ・ジョージ。彼女の意地の悪さは折り紙つき!アフリカで育ったケイディが、そんな悪女の目に止まる。なんとケイディプラスティックスに仲間入りすることに。4人組となったミーンガールズが作成した「悪口アルバム」が学校で問題になってしまいます。みんなの関係はどうなってしまうのか。

☆★もちろん学園ものにつきものの、恋愛もあり。イケメンのアーロンサミュエルと恋に落ちるのは一体誰なのか。☆★

b5

イケメンのアーロンが振り返り、幼少期の初恋を思い出す

【みどころ】

b3プラスティックスの個性あふれる歌と演技!
ミュージカルでより一層面白い!~

映画では、レジーナに目がいきがちだが、
ブロードウェイ版ミーンガールズでは、歌のおかげでみんなの個性が爆発
グレチェン役はなんとアジア人の女の子、アシュリー・パークが演じている。
彼女は、いつもみんなの顔色をうかがい、みんなからは良いように使われるという少々残念なポジションこんなにも一生懸命やっているのに、本当に心から信頼できる友達はいなかった。そんな彼女が披露する「What’s is Wrong with Me」という曲は心にしみます
カレン役のケイトは、とぼけた役にぴったりでした。映画では、ここまでおとぼけさんだったか?と思うくらい、彼女は舞台上ではある意味際立っていました。きっと一番愛されるキャラクターの一人かと思います要チェックです!!

b2

ジャニスの歌が最高!
ミーンガールズ・ミュージカルのおすすめ曲~

「I'd Rather Be Me」と「What is Wrong with Me」(上記に述べたグレチェンの歌)が個人的には好きでした。
前者は、ジャニスの声がとても力強かった印象が残っています。
彼女は劇中では、レズビアン役でかつレジーナジョージには少々ひどいことをされた過去を持っています。

彼女にはそんな過去があり、周りから白い目で見られようとも、力強く生きています
そんな彼女が歌う「I'd Rather be Me」だからこそ、意味があるのかなと思い涙がぽろぽろ。。誰かに好かれようといつもと違う自分を演じたり、本当の気持ちを隠して生きていったりするのではなく、「自分らしく生きる!」と歌っている姿は美しかったです。わたしのお気に入りはこちらですが、皆様も実際に自分のお気に入りを見つけてみては

LEDで表現する~ミュージカル中に新しい技術~

映画が公開されたときにはなかったSNSTwiiterInstagramを使ったシーンがありました!また、LEDライトにより、舞台の雰囲気が変わったのはとっても興味深く、劇の中に引き込まれます。私は舞台のまん前の席に座りましたが、少々遠くの席やメザニン席でも舞台装置やダンスの迫力が味わえるので、どこに座っても楽しめるのがミーンガールズの良さのひとつなのかも知れません。

【まとめ】

映画もおもしろいがブロードウェイ版ミーンガールズも楽しい!!「Is butter a carb?(バターって炭水化物なの?)」や「That's so fetch!(かっこいい!)」っていう映画と同じセリフも取り入れていたりで、映画ファンにはうれしいとこ!それでいて、すべて一緒ではなく、現代にあわせたセットや内容に変更もしているので、映画を10回以上見ている私も十分に楽しめました。もちろん初めてこの作品を見るかたは、先入観なく心の底から笑って、涙するところは涙し、自分の人生に生かせるところがある方は、ぜひ生かしていただければと思います。そうすれば、きっとあなたの人生も「Fetch!」になることでしょう。

 

By Masato Suzuki

musical_search

bway

【劇場】
August Wilson Theatre

【関連記事】
<サプライズ>トニー賞の結果が発表になりました!~ミュージカル部門~The Band's Visit旋風!
【番外編】Wickedは見たほうがよい? たくさんの人に感想 を聞いちゃいました!
まるでGlee?Ellen’s スターダスト・ダイナーで未来のスーパースターに会いに行こう!
人生最高の日!?スポンジボブを観てきました!
【トニー賞2部門受賞作品】Beautiful〜キャロル・キング〜は人生を豊かにする

 

 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.