この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

走るモデルの展示では世界一! サンディエゴ・モデル・レイルロード博物館 San Diego Model Railroad Museum

サンディエゴの人々の憩いの公園、バルボア・パークにある、モデル・レイルロード博物館は実際に走るモデルの展示としては世界一の規模、28000スクエアーフィートもあります。

この博物館の目的は、カリフォルニアの鉄道の歴史とその遺産をミニチュアモデルを通じて後世に伝える事にあるのだそうです。

カリフォルニアの代表的な路線を忠実に再現したミニチュアモデルはそれぞれ別々のグループが造ったものだそうです。

サンディエゴ・アリゾナ東部路線のHOゲージモデル。HOゲージというのは実際の1/87のスケール。

サンディエゴ・デザート・ラインをNスケールで再現したモデル。Nスケールというのは実物の1/160だそうです。かなり小さいです。

カルフォルニア南部のテハチャピ峠を超えるループ線を再現したモデル。ループの再現のみならず全長70マイルの路線の再現には困難を極めたとの事。ちょっと見ただけではこの苦労はわかりませんね。。

サンタフェのデポのモデルは実際の建物の青写真を元に作られたとの事。

HOのモデルもNスケールのモデルも、それぞれが最大級でクラブメンバーがほとんどボランティアーで作り上げたもので、今でも製作中の現場を見ることができます。

Nゲージは線路の幅はたったの9ミリメートル。この線路を敷くには1つ1つはんだ付が必要と事ですが、これだけ大きなスケールを造るには気の遠くなるような作業です。

 すべての路線をマウスのクリックで制御できるコンピューターコントロールなのだそうですが、これだけのモデルを作り上げる苦労はぱっと見ではわからないものですね。しかし、鉄道というのは線路の上しか走らない、しかも一定の速さでしか走りませんがなんともいえない郷愁と愛着がわくのが不思議です。

[geo_mashup_map]

【関連ツアー】
サンディエゴ半日観光
サンディエゴ1日観光(ランチ付き)
バルボアパーク&博物館ツアー
ティファナ半日観光
サンディエゴとティファナ1日観光
シーワールド1日観光
ワイルド・アニマル・パーク1日観光
レゴランド&アウトレット・ツアー1日観光
サンディエゴ ディナー・クルーズ
ハーバー・クルーズ
ミドウェイ博物館・見学ツアー

【関連記事】
70機もの展示バルボア・パークの『サンディエゴ・エアー・スペース博物館』
サンディエゴ海事博物館 San Diego Maritime Museum
カリフォルニア・ミッションで最も古い『ミッション・サンディエゴ・デ・アルカラ』
サンディエゴのバルボアパークにある知られざる美術館『サンディエゴ美術館』 
サンディエゴの観光スポット 航空母艦ミッドウェイー博物館
サンディエゴの若者の集まるトレンディ・スポット「ガスランプ・クォーター」
映画「トップガン」の舞台になったカリフォルニア第二の都市”サンディエゴ”
サンディエゴで行列のできる、いつも1番人気のハンバーガー・ジョイント ”

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.