この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

旅のエスプリ

マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカ帝国の秘密都市? 修道女が逃げ込んだ場所? 

目からウロコのトラベル・コラム「旅のエスプリ」

旅のエスプリ Vol. 31

マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない

1980年代、ニューヨークタイムズを飾ったBMWの全面広告のキャッチフレーズを今も忘れることができません。「10 things to do before you die:死ぬまでにすべき10のこと」と題されたリストの1位は「マチュピチュで朝日を見ること」でした。ちなみに10位は「BMWを運転すること」で、ちゃんとしたオチになっています。

インカの秘密都市? 修道女が逃げ込んだ場所?

南米ペルーのマチュピチュと言えば、謎の多い遺跡として知られています。あのような高い場所(標高2430m)に一体、どんな目的で誰が街を築いたのでしょうか? マチュピチュの発見者と言われているイェール大学講師で考古学者だったハイアム・ビンガムは偶然出会った10歳の現地の少年に導かれて、この場所に辿り着きました。息も絶え絶えに、山上に至る長い道を登ると突如、夢の街のような光景が眼前に広がったのです。

朝日に輝き始めるマチュピチュ

しかし、ビンガムの前に、現地のペルー人が発見していたという説もあり、さらにはビンガムが発見した1911年まで「インカ帝国の滅亡から4百年間、人々に忘れ去られていた」と言われているものの、彼が辿り着いた時には3世帯が農業を営みながらマチュピチュの地で生活していたのです。決して忘れ去られていたわけではありませんでした。

もともとビンガムは、インカ帝国の生き残りがスペイン人の侵攻から逃れるために財宝と共に移り住んだ「インカ最後の秘密都市」を求めて探検を続けていたのです。マチュピチュを発見した際、彼はそこが「秘密都市ビルガバンバ」だと信じましたが、数年経っても財宝は発掘されず、結局、秘密都市は別の場所にあったことが判明します。

若い峰という意味のワイナピチュを望む

さらに、ビンガムはマチュピチュから数百もの女性の骨が発掘されたことから、クスコにあった修道院の修道女たちがスペイン人から逃れて、この地に辿り着いて息絶えたとの説を主張しますが、その後の調査により、骨の性別は男女半々であり、修道女ではなく使用人のものだったという結論に至りました。

エジプトのピラミッドより前に地球上に誕生との説も…

インカ帝国最後の秘密都市でもなければ、修道女が逃げて辿り着いた最期の場所でもないとなると、マチュピチュは一体どのような場所だったのかという、最初の疑問に舞い戻ってしまいます。神殿を非常に重要視していたことが伺えることから、少なくとも太陽神を奉る場所であったことは明白です。

そして、遺跡の中心にある小高い山の上には巨大な岩盤「インティワタナ」が鎮座しています。この岩盤の土台部分には、空の四隅を支配していると思われていた4つの星座が記されているのです。南十字星、そして夏の大三角形、暗黒星雲星座、そしてプレアデス星群です。

マチュピチュのパワーが凝縮していると言われるインティワタナ

ビンガムがマチュピチュ発見を世に喧伝してから20年後、1930年代にポツダム大学の天文学者ロルフ・ミュラーがある説を唱えます。それはマチュピチュの都市は天体の位置に合わせて建設されていること、そして星座は時代と共にその位置を変えることから、算出したマチュピチュ建設の時期は紀元前1000年から紀元前4000年に相当するという驚愕の説です。

マチュピチュ

巨大な2枚の岩が翼を広げたコンドルのように見えるコンドルの神殿インカ帝国が滅亡したのは1533年で、成立は1438年とされているので、それよりも数千年も前に建設されていた可能性が浮上したというわけです。紀元前3000年頃から建造が開始されたと言われるエジプトのピラミッドよりも、もしかするとマチュピチュははるか以前にこの地球上に誕生していたかもしれないのです。

ピラミッドと言えば、あのような大きな岩を綺麗に組み合わせて巨大な建造物を造った仕組みが一つの謎となっていますが、マチュピチュに残る建物も、何十トンもの重い岩を多数使って一寸の狂いもなく嵌め合わせて造られています。石切り場から、いくつものの巨大な岩をどうやって運んだのか、その謎もまた未解明のままです。

さて、これら多くの謎を秘めたペルーのマチュピチュ遺跡ですが、マチュピチュをはじめペルーのすべてを知ると言っても過言ではない考古学者の阪根博先生を、リマ市、天野博物館よりロサンゼルスにお招きして「ペルーセミナー」を開催します。

マチュピチュには「行く」のではなく「お参りに行く」と言うべきなのはなぜか? ナスカの地上絵は宇宙人が描いたのか? インカ帝国最後の皇帝アタワルバは実際にマチュピチュの土を踏んだのか? それらの謎について詳しく解説していただく予定です。阪根先生のお話を聞けば、きっとあなたも「マチュピチュの朝日を拝みたくなる」ことでしょう。

マチュピチュを守る霊峰は60以上。冬至には真ん中左よりのV字型に鋭く切り込んだ霊峰の一番底から朝日が昇る。

【ペルーセミナー】
アンデス文明の魅力と不思議 スペシャル講演会
11月8日(土) 午後1時より
JTB ロサンゼルス支店 会議室にて
19700 Mariner Avenue, Torrance, CA 90503
参加費無料・完全予約制
ご予約は旅の予約センター(1-800-700-1540)まで

【参考文献】
天の鏡―失われた文明を求めて
グラハム・ハンコック、サンサ・フィーア

【関連記事:旅のエスプリ】
これは地上に描いた星座なのだろうか?超弩級の不思議「ナスカの地上絵」
マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカ帝国の秘密都市?
全盛時、数十の媒体を傘下に収めた新聞王ハーストの夢の城とは?
孫の身代金を値切った石油王とは? ギネスブック認定「世界で最も裕福な人」
古代ローマ都市ポンペイ 遺跡に残されたメッセージとは?
日本人移民一世は正義と権利獲得のために闘っていた!
19世紀後期に中世の城ノイシュヴァンシュタインを建設 騎士伝説とワーグナー
チョコとお蚕がつないだ日伊の縁 イタリア使節が見た幕末の日本とは?
国交樹立150周年 日本とスイスの意外な共通点とは?
黒船来航の目的は捕鯨のための開国?アメリカのアラスカ購入の陰に日本
杉原千畝の命のビザ ユダヤ難民の日本経由欧州脱出劇 その陰にJTBの尽力
国際的日本料理シェフ、松久信幸と彼から巣立った成功者たち"NOBU HOTEL"
イランに取り残された絶対絶命の日本人216名を救出したのは、トルコの恩返し!
駐日大使だけじゃない、ケネディ家と日本の縁 昨日の敵は今日の友
リンカーン大統領に会った唯一の日本人 アメリカ人として幕末の日本に帰国
911の標的、WTCは日系人がつくった? 人種差別と闘いながら夢叶える
観光だけじゃない、ハワイと日本の深い縁 ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?
アメリカ人に愛された日本人金メダリスト”硫黄島で投降を呼びかけられるも戦死
カリフォルニアのワイン王は薩摩の侍? 13歳で海を渡り、偽名のまま生涯を過ごす
本物のロンドンブリッジはどこにある? 世界最大の骨董品、コロラド川へ
運慶とミケランジェロ、その意外な共通点 「大理石の中の天使を自由にする」
策士・マッカーサーとミズーリ号艦上の降伏文書調印式 マイクロマネージメント
NYセントパトリック教会に響いた君が代は誰のため? 日本人化学者と南部令嬢
CIA, KGBも興味を示した古代インカの情報システム?遺跡に魅せられた日本人
レオナルド・ダ・ビンチはナポリタンを食べたのか トマトのルーツはペルーだった
ブルックリン・ブリッジ建設の陰に日本のプリンス?ラトガースに学んだ幕末の獅子
ペリー提督の末裔のワイナリーは? カリフォルニアワインと「パリスの審判」
150年前米女性を熱狂させた日本人男性アイドル?「侍を一目見よう」NYで大歓迎
日本人留学生第一号はやはり、あの人!そしてその人はフリーメイソンだったのか?
アメリカとイギリスに上陸した日本人第一号とは?万次郎の先を行っていた国際人
サムライ達がメキシコで集団洗礼を受けた?ヨーロッパへの中継点でキリスト教徒に
日本とスペインの縁をつないだのが独眼流!「日西交流の歴史今年で400周年」

【関連ツアー】
・マチュピチュ村滞在&ワイナピチュに登る!ペルー7日間(日本語)
・マチュピチュ村滞在&ワイナピチュに登る!ペルー7日間(英語)
・マチュピチュペルー・ハイライト7日間 (日本語ガイド/デラックスホテル利用)
・マチュピチュインカ帝国 ペルー秘境の旅8日間 (日本語ガイド/デラックスホテル) 
・マチュピチュナスカの地上絵とマチュピチュ 8日間(英語ガイド/スぺリアホテル)

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.