ワシントンD.C 2019年9月12日

ワシントンDCで、今旬な14thストリートにあるKimpton Mason & Rook Hotel

ワシントンDCで、いまとてもホットなエリアと言われている14thストリート。ローガンサークルとUストリート・コリドーとの間にあるこのエリアは、近年、開発が急速に進んで、レストランや、カフェ、バーが多数オープンして、ヤング・プロフェショナルと言われる若いエリートの人達を中心に人気を得ています。以前、ブログで紹介したPearl Dive Oyster Palaceもこのエリアにあります。今回、その14thストリートのすぐ脇にある、Kimpton Mason & Rook Hotelに宿泊しました。これが、ロビー。もとて今風でおしゃれです。ペットの同伴可で、犬を一緒に連れて来ている人をたくさん見かけました。

img_1お部屋ですが、私たちが宿泊したのは、エクゼクティブ・キング・スタジオです。Lの字になっていて、入り口を入るとソファーがあり、奥にベッドがあります。この写真は、キングベッド。2つベッドがある部屋もありました。ベットの両側のライトそれぞれに、USBとコンセントがついていて、携帯等の充電にとても便利でした。img_2 img_3このソファーと写真のコーナー、インスタ映えしそうです。img_4バスルームは、広々としていますが、私たちが泊まった部屋には、バスタブはありませんでした。img_51階のバーもチェックしてみました。写真の右は、モスコミュールなんですが、この銅製のマグカップ可愛いい!!欲しいーーー!バーの外には、キュートなバード・ハウスが印象的なテラス席もがあります。
img_6屋上には、ルーフトップ・バーがあると聞いて早速行ってみました。プールもあります。ルーフトップからの眺めは、こんな感じです。お部屋以外にも、リラックスできるスパースが、たくさんあるのは、嬉しいですよねー。img_7ホテルのある14thストリート周辺には、スタイリッシュなお店が並んでいて、レストランのチョイスがたくさんある他、ホールフーズ・マーケットやドラッグストアもあったり、便利で滞在しやすかったです。金曜の夜、真夜中近くに14thストリートを歩いてホテルに戻りましたが、まだ、たくさんの人で、賑わっていました。
14thストリートを一本入ると、住んでみたくなるような素敵な住宅街で、日中、散歩しててもとても楽しかったです。
ワシントンDCへは、ニューヨークからならアムトラックで数時間なので、日帰りもできますが、せっかくだから1泊、2泊して、郊外に足を伸ばしたり、美術館、博物館巡りをするのも、いいと思います。ワシントンDCに滞在する際は、14thストリートを散策してみてはいかがですか?img_8 img_9

by ya

Kimpton Mason & Rook Hotel(キンプトン・マーソン&ロック・ホテル)
1430 Rhode Island Avenue NW,
Washington DC 20005
http://www.masonandrookhotel.com/

【関連記事】
ワシントンDCの最新ダイニング・エリア14thストリートのPearl Dive Oyster Palace
ワシントンDCの絵になる街ジョージタウン散歩の旅
フォトジェニックなスポットもたくさん!アメリカの首都ワシントンDCへ行こう!
海と歴史とグルメを満喫 !メリーランド州の州都アナポリスは週末も大人気!
アメリカ国歌「星条旗」の歌詞が生まれた場所、ボルチモアに行ってみよう!
「国立航空宇宙博物館」別館『スティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センター』
ワシントン マウント・バーノン ★古き良きアメリカを訪ねる
スミソニアン航空宇宙博物館 〜ワシントンで2番人気の必見の博物館〜
アムトラックで行く首都ワシントン1日観光 体験記 その①
不気味でノスタルジックな、ウエストバージニアの旧トランス・アレゲーニー精神病院

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.