一度食べたら病み付きになる「ピーター・ルーガー」 ニューヨーク・ステーキハウスの極めつけ!Peter Lugar

 

ニューヨーク・ステーキハウスの代名詞ともいえる「ピーター・ルーガー」ウィリアムスバーグ・ブリッジを渡って直ぐにUターンすると"Peter Luger"の看板が直ぐに見えてきます。いつもここに来ると、ジワァ~と唾液も出てくるのは、条件反射なのか、単に食いしん坊なのかわかりませんが、このブランド名の威力はとにかくスゴイ!

古き良き時代のレストランといた感じの「メイン・ダイニング」。ここの窓際のテーブルに座ると、昼時に肉を満載のトラックが横付けして、レストランのオーナーの1人がが肉を選別している事がありますが、なんと、半分は返品していました。流石、肉が全てのピータールーガー!

自社ブランドのビール、ワインもあります。バーは10人も座るといっぱいになってしまいますが、夜はテーブルを待つ人でいっぱいです。

メインダイニングは3つありますが、この部屋が狭いですが一番雰囲気がありますね。唯一キッチンと直結してるので、自分のステーキが運び出されるのを涎を垂らしながら待つ事ができるのも、ここだけです。

新しいレストランでは考えられないですが、テーブル・クロスも無いオークの使い込んだテーブルもここの名物。毎日ゴシゴシと磨くのか、古いテーブルは角が丸く削れてしまってます。新しいのと比較してみてください。

  

パンと前菜も非常にシンプル。厚切りのぶつ切りのバターをたっぶり付けて食べるパンは結構は美味しいです。パンと一緒に醤油皿のような皿を反対にしてテーブルに置いて行きますが、これは後で理由がわかりますよ。

前菜の定番、「輪切りトマトとオ二オン」この他のお勧めは、ピータールーガー特製の厚切りベーコン。なんでも、ニューヨークタイムスに「この世のものとは思えない味」とか絶賛されたんだそうです。

しかし、この「トマトと玉ねぎ」他のレストランで出したら「冗談でしょう!」と言われそうですが、これが"Peter Luger Magic"ですね。オ二オンはかなり辛いんで、これもオリジナルのピーター・ルーガー・ソースをかけていただきます。

ちゃんとお土産用に売ってます。最近はスーパーにも置いてあって、National Brandになりつつあります。

これが、 極めつけメニュー。 "STEAK FOR TWO"とにかく、ステーキは、シングル、2人前、3人前、4人前、リブステーキ しかない、超シンプルメニュー。一度食べたら、看板を見ただけで涎がでる最高のポーターハウスです。

付け合せには、フレンチフライ、ブロッコリ、オ二オン・リング、ジャーマン・フライド・ポテトなどがありますが、このクリーム・スピナッチが人気です。

デザートもすごい!のが出て来ますよ。Luger Special "Holy Cow" Hot Fudge Suday! これ和訳すると、「ルガー特製 ”あっと驚く為五郎” ホットファッジサンデー」ってところですね。(古い古い・・・) 100年前も同じ予約台帳を使ってたんじゃない?と思わせるような分厚い予約ブック。 ギッシリ予約の名前が書かれてありました。土曜日は2か月前から満席との事。ねらい目はランチか、5 PM位に行くことですね、予約無しでも入れます。

ここはクレジットカードは取りません。 Cash Only!「手前共はクレジットカードが発明される100 年前からずっと現金商売ですので、、、」という事だそうで、どうしてもいう方は、Peter Luger Credit Cardをどうぞ。

ザガットの人気レストランNo.1のプラックがバーの前にズラーッと飾ってあります。

ピーター・ルガーは、 「旨いステーキを食べる事」以外には全く気を使わない。メニューも、テーブル、お皿、ワインリスト、勘定も全てシンプル。この一環して続けてきた「しきたり」が完全に1つのブランドになっちゃってます。一度、ここのTボーンステーキを食べたら "Peter Luger Magic" にかかってしまうでしょう。

《耳寄り情報》ピータールーガーの隣に、今NYで人気のカジュアル・ファッション・ブランドのブルックリン・インダストリーのアウトレット店があります。ランチのついでにショッピングも楽しめますよ! お土産にも最適です。

 

 

178 Broadway, Brooklyn NY 11211


Peter Luger Steak House
178 Broadway, Brooklyn NY 11211
(718)387-7400
www.peterluger.com

【関連記事】
「ストリップハウス」で絶品のニューヨーク・ストリップ・ステーキを食す
人気投票で常にトップクラス『ストリップ・ハウス』の44丁目ミッドタウン店
NYで最高のフィレ・ミニオンが味わえる「キーンズ・ステーキハウス」
やっぱりSPARKSが一番かな?地元ニューヨーカー一押し
ニューヨークステーキハウスの老舗ギャラガーズ、昔の風格そのままに新装開店
あのピーター・ルーガーの味が楽しめる「ウルフギャング・ステーキハウス」
地下の隠れ家的な雰囲気のステーキ・ハウス『クォリティー・ミート』
“昼にマティーニを軽く3杯”なんて旧き良き時代の面影を感じるステーキハウス
NYステーキとピアノ・ジャズが楽しめる「ニッカーボッカー・バー&グリル」
マーク・ジョセフ・ステーキハウスのグルメ・ハンバーガーを食す

Seki Katsuhisa

Seki Katsuhisa

Leisure Market Division, GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットー。
Seki Katsuhisa

Comments are closed.