お役立ち情報

経済再開に向けて~アムトラック乗車リポート(2020年6月19日)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。米国内の多くの州で事業や外出の再開が始まってます。通り、公園やビーチにも人が戻りつつあります。マスク、サニタイザーやパンケーキミックスなど不足していたものも簡単に手に入るようになりました。わたしの住むニュージャージー州ホーボーケンでは理髪店もいよいよリオープンとなり、3か月ぶりに髪を切ることができそうです。活気のあるマンハッタンの復活を待ち遠しく思っております。最近公共交通機関はほとんど利用していなかったのですが、どうしてもフィラデルフィアに行く必要があり、アムトラックに乗車することになりました。今回はアムトラック乗車についての現状をレポートします。皆様にご参考いただけますと幸いです。

切符はアムトラックのウェブサイトで事前に購入し、印刷したQRコード付きのEチケットを持参してニューヨーク・ペンシルバニア駅に向かいました。引き続き外出自粛している人が多いことと、平日の日中の午後3時35分発の列車ということもあり、駅周辺や構内の人通りは少なかったように思えます。

7番街から階段を下りてすぐの場所にあった待合室は閉鎖されチケット売り場の前へ移設されていました。コンコースはいつもにぎわっていたのですが、外出自粛の影響で静まり返っていました。ただ、Amtrak警察やトイレは引き続き同じ場所にあり、ニューススタンドやカフェなども持ち帰り用で営業しており、列車の出発を待っている間も安心です。警察の方がそばで見守って下さると、とても心強く思います。
アムトラックでは、お客様と従業員の安全のために、すべてのお客様にフェイシャルカバーリングの着用を義務付けています。フェイシャルカバーリングとはCDC(=Centers for Disease Control) が推奨している公共の場で布地のカバーを着用することです。
Use of Cloth Face Coverings to Help Slow the Spread of COVID-19 ←ここをクリック

マスクが最適ですが、バンダナなど簡単な布で表面をカバーすることもフェイシャルカバーリングとして認められます。フェイシャルカバーリングを着用していないお客様は乗車できないことになっています。ただし呼吸困難の危険がある2歳未満の小さなお子様は免除されるなどの例外もあります。または車内隣席に乗客がいなくて一人で座っているときにははずすことは認められています。コンコースにはソーシャルディスタンシングやフェイシャルカバーリングなどを呼びかける表示が多く見受けられます。マスクではないのですが、この女性のようなフェイシャルカバーリングでも今のところ認められています。中にはカラフルでかっこいいバンダナをつけている方も見受けられました。
待合室や車内の座席についてはソーシャルディスタンシングのために特別に間隔をあけているわけではないので各自での注意が必要です。
列車の乗車方法に変更はありません。コンコースの出発案内(ボード)やコンピューター・スクリーン上の「DEPARTURE」に出発ホームが表示されたらゲートへ向かい、エスカレーターでホームへと向かいます。体温などの特別な検査の実施は今のところないです。列車によって出発ゲートが発表されると人が多く集まり、係員の誘導もなかったので注意が必要ですね。

ホームには係員の方がいますので誘導に従ってください。使用車両を制限している場合もあるので、空いている扉を見つけたら乗り遅れないうちに早めに乗車しましょう。航空便や日本の鉄道の指定席と異なり、もともとアムトラックのCoach(普通車)やビジネスクラスでは座席定員制をとっており座席番号指定がありません。乗車後は空席を見つけて着席します。アムトラックは座席分しかチケットを販売しませんので、座ることができる席は必ずどこかにあります。ソーシャルディスタンシングが必要な状況下でも着席方法に変更はありません。アセラエクスプレスのファーストクラスや寝台車のような個室などを利用することが座席番号の指定を受けることができる唯一の方法となります。現在、アムトラックではソーシャルディスタンシングを確保するため定員の50%のみチケットを販売しています。混雑する時間帯ではなかったこともあり車内にはかなり余裕がありました。車掌さんによる検札も通常通り行われますのでEチケットを準備しましょう。

車内のカフェサービスは引き続きフードサービスを提供していますが、カフェカーの座席は閉鎖されており持ち帰り用としてのみ利用できます。支払いはクレジットカードのみ受け付けます。

下調べはしていたものの乗車するまではかなり不安でしたが、思ったよりスムーズに乗車できて安心しました。 アメリカが徐々に再開するにつれ、旅行体験を簡素化して保護する取り組みの中で、最も必要としている人々にサービスを提供するために精力的に活動している最前線の方々に心からの感謝の意を表したいと思います。

新型コロナウィルス感染防止の対策は日々更新されますので、乗車される際にはウェブサイトで最新の情報をご確認ください。
Amtrak: Ready for Our Customers ←ここをクリック

By おせっかいKevin

 

【関連記事】
アメリカを訪問予定の皆様へ
回復に向けて準備をすすめるニューヨーク
自宅待機令発令後のニューヨーク
自宅待機中のお買い物(ニュージャージー州の場合)
普段は見られないブロードウェイ人気作品がただいまオンラインで視聴可能!
Dine in NYC: おうちでテイクアウト・ディナー〜Hill Country BBQ
トライベッカのイタリアン・ベーカリーで焼きたてのパンを〜Grandaisy Bakery
Blue Angeles (ブルーエンジェルス)とThunderbird(サンダーバード)が最前線で働く人々に感謝を込めて、飛行
自宅待機中 楽しいこと何してる? New York TOUGH

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.