グランドサークル

感動の大自然でハイキングを楽しもう ~ザイオン国立公園~

今回はラスベガスから気軽に行ける国立公園の1つ、ザイオン国立公園をご紹介させて頂きます。
ユタ州南部に位置するザイオン国立公園は、ストリップの主要ホテルから約2時間半のドライブで行けるので、ラスベガス滞在中に日帰りで行ける観光地としておすすめの場所です。
グランドサークルの中でも人気の高い国立公園で、2019年の国立公園入場者数ランキングでは全米で419か所中4位にランクインしました。
年間約450万人が訪れたというからザイオン国立公園の人気ぶりが伺えますね。
公園内は見どころがたくさんあるので、丸一日かけてゆっくり観光することをお勧めしますが、他の国立公園も見て周りたいから時間が無い!という方には、公園内を走る国道をドライブするだけでも壮大な大自然を十分に楽しむことができます。
公園内には南口から東口まで約18kmの「ザイオン・マウントカーメル・ハイウェイ」とよばれる国道が通っており、景色を楽しみながら国道を通り抜けするだけの車もたくさん走っています。
公園東口から入ってすぐに見えてくるチェッカーボードメサは、碁盤の目のように縦横に模様が入った珍しい岩山です↓
公園内の道路は茶色く色付けされており、出来る限り自然の景観を損なわないように配慮されています。
風景と一体化しているので、運転しながら絶景に気を取られると道路からはみ出しそうになるので注意です。
国道をドライブするだけでも、白やチョコレート色のカラフルな巨岩や、古代から堆積した地層が見られるユニークな形の岩を見ながらドライブが楽しめます。
公園内には初心者から上級者向けまで様々なトレイルがあり、それぞれのレベルに合わせてハイキングが楽しめます。
長いトンネルの入り口近くにあるキャニオン・オーバールックというトレイルは往復約1時間、長さ1.6km、標高差50mのコースで、初心者でも無理なく挑戦できるトレッキングコースです。
展望台からはザイオンキャニオンの断崖絶壁の岩山を一望する事ができるので、下から岩山を見上げることの多いザイオン国立公園では、上から景色を眺める事が出来る数少ない場所の1つです↓
公園南口の近くにはビジターセンターがあり、ここから公園内を周遊するシャトルバスが出ています。
​コロナの影響でシャトルバスは停留箇所を制限して運行しています。
※1~2月は雪が多い為シャトルバスは運休しています。
シャトルバスの終点、テンプル・オブ・シナワバ(Temple of Sinawava)を下りたところにある、リバーサイドウォークというトレイルは、バージンリバー沿いの比較的平坦なコースで、往復約1.5時間、長さ3.5kmで初心者にお勧めのトレッキングコースです。
川沿いで緑が多く気持ちが良いコースなので、ザイオンを訪れたら是非楽しんで頂きたいです。※以下の画像は10月に撮影したものです。
リバーサイドウォークの最終地点には、ナローズ(The Narrows)という川を登っていく上級者向けのトレッキングコースがあり、杖を持ち、トレッキングシューズで川の中を進んで挑戦する人たちが見られます。
雨の後は水量が増して危険な為、トレイルはクローズしますが、ナローズの入り口付近では川遊びを楽しむことができます。
見どころ満載のザイオン国立公園!暖かくなったら是非訪れてみて下さいね。
by Las HN

【関連記事】
アメリカを訪問予定の皆様へ
熱気溢れるダウンタウンラスベガス
ラスベガスのお勧めショップ」
砂漠のオアシス「レイクラスベガス」
ラスベガスから日帰りで行く大自然<レッドロックキャニオン国立保護区>
見渡す限り真っ白な世界 ~ボンネビル・ソルトフラッツ~
大自然を満喫!~ブライスキャニオン国立公園~

Comments are closed.