この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

ニューヨーク/マンハッタン

満月の呼び名

4月7日はスーパームーンでした。
1年のうちで一番月と地球の距離が近くなり大きく見える日です。
3月の満月の日にも晴天できれいに見えたのですが、スーパームーンの日は年平均よりも7%大きくみえます。

ちなみに4月6日もほぼ満月に近い姿でみえました。
ただこの日は月の出が5:56に対して日没が7:26でしたので、相当まだ明るいです。

スーパームーン当日の4月7日は月の出が7:09で日没が7:27でした。
ニューヨークで7時9分にあがったのですが、ブルックリンブリッジと重なってなかなか美しいです。

ところで、満月にはそれぞれニックネームがあるのをご存知でしたでしょうか?
アメリカのネイティブアメリカンが季節に応じて、ニックネームをつけています。

1月 Wolf Moon オオカミ
2月 Snow Moon 雪
3月 Wrom Moon 芋虫(啓蟄の意味?)
4月 Pink Moon ピンク
5月 Flower Moon 花
6月 Strawberry Moon いちご
7月 Buck Moon 男鹿
8月 Sturgeon Moon チョウザメ
9月 Harvest Moon 収穫
10月 Hunter's Moon 狩猟
11月 Beaver Moon ビーバー
12月 Cold Moon 寒い

4月のピンクというのがあまりピンとかなかったのですが、これは3月に咲く野生の花Phlox(フロックス)からきています。日本ではクサキョウチクトウと呼ばれています。

自宅待機令や、Social Distance (社会的距離)を保つことが奨励されている中
お花見はできなくても、お月見はルールを守りながら各自で楽しめるので、安心です。

by くっしー

【関連記事】
アメリカを訪問予定の皆様へ
回復に向けて準備をすすめるニューヨーク
自宅待機令発令後のニューヨーク
トライベッカのイタリアン・ベーカリーで焼きたてのパンを〜Grandaisy Bakery
Dine in NYC: おうちでテイクアウト・ディナー〜Hill Country BBQ
Dine LA: おうちでテイクアウト・ディナー〜Lotus and Light

looktour
Follow me

Comments are closed.