この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

サンフランシスコ

知られざるサンフランシスコの郷土料理、CIOPPINOを食べに行こう!

サンフランシスコで思いつく料理と言ったら、まず頭に浮かぶのは大きなダンジネス・クラブ(蟹)か、ブレッドボウルに入った熱々クラムチャウダー。でも、ちょっと待ってください!!港町サンフランシスコには、知る人ぞ知る「隠れた郷土料理」があるんです。

その名はCIOPPINO(チョッピーノ)。蟹、アサリ、エビ、イカ、白身魚などをトマトソースでじっくり煮込んだ、イタリア風ブイヤベースと言った風情のコクのあるシチューです。その昔、サンフランシスコに住みついたイタリア系移民の漁師達が、その日の漁で余った魚介類をトマトソースとスパイスで煮込んで食べていたのが始まりと言われています。正真正銘、サンフランシスコ発祥の郷土料理なんですねー。

本日は、このチョッピーノを美味しく食べさせてくれるお店を紹介します。チョッピーノは、料理としてはダンジネス・クラブに比べて知名度が低いので、クオリティの高いお店を探すのも一苦労。

やって来たのは、その名もCIOPPINO’s !!! 料理名が看板になっているあたり、チョッピーノに対する情熱とやる気が伺われます。

IMG_1412

テラスも雰囲気が良くてお洒落。

IMG_1411-500x375

店内は、思わずカンツォーネが聞こえてきそうな位陽気なイメージ。これからやってくるチョッピーノへの期待は膨らむばかりです。

IMG_1395

まずはお腹を落ち着かせる為、軽い前菜を。こちらはブルスケッタ。ローマトマトとバジル、ニンニクがシンプルで美味しい!

IMG_1402

そしていよいよチョッピーノ登場です。

IMG_1404

じゃーん。中央に盛り付けてあるのはダンジネス・クラブの剥き身です。通常は殻のままスープに入っていますが、キッチンに頼むとこの様に食べやすく処理してくれます。

お味は期待通り、いやそれ以上でした。様々な魚介がこれでもかと言う位てんこ盛りなので、コクのある良い出汁が出ています。トマトソースと良く合っていて、日本人に好まれそうな味付けです。

そしてやっぱり食べたいガーリック・ローストクラブ。殻のまま出てくると圧巻ですね。

IMG_1407

手がベトベトになってしまうのがやや難点ですが、日本ではまずお目にかかれない味付けです。たっぷりのガーリックバターでローストされた蟹はしっかり味付けがされています。がっつりお腹いっぱい食べたい方にお勧めです。

次はチョッピーノとどっちを食べたら良いのか、一口毎に迷ってしまう位美味でした。

IMG_1409

デザートはやっぱりイタリアンスイーツ定番、ティラミスでしょう。更にクリームブリュレ・チーズケーキもオーダー。

IMG_1410

ティラミスは本家本元の貫禄が、チーズケーキは日本のそれのようにクリーミーで、どちらも満足度120%でした。

CIOPPINO’sはフィッシャーマンズワーフ・エリアの東端に位置しています。場所が中心地から離れているせいか、味が良い割りには比較的お値段が良心的に設定されています。穴場レストランとして、これからも看板料理・チョッピーノを出し続けて欲しいものです。

IMG_1394

ほんっとうに美味しかったので、また来ます(笑)。

 <八重 in San Francisco>

【参考】
CIOPPINO'S
400 Jefferson Street,
San Francisco, CA 94109
1(415) 775-9311

【関連ツアー】
もりだくさん市内1日観光サンフランシスコの名所を全て楽しむ
・サンフランシスコシティーパス~7つのアトラクションが入ってお得!~
ヨセミテ国立公園1日観光 ~世界遺産ヨセミテを1日で満喫~
ケンゾー・エステイト・ワイナリーと厳選ワイナリー巡り
ナパ・ワイナリー~オーパス・ワンなどプレミアム・ワイナリー5箇所を楽しむ~
世界最先端のハイテク企業が集まる街・シリコンバレーツアー
アルカトラズ島半日観光(早朝発/復路送迎なし)

【関連記事】
サンフランシスコの知られざる名物 「ストリートカー」に魅せられて!
サンフランシスコからのドライブに最適なハーフムーンベイ!
サンフランシスコの要フィッシャーマンズワーフ!このローカル感が好き!
サンフランシスコ名物!焼きたて「サワドーブレッド」はいかが?
世界最古!大人も興奮!サンフランシスコ名物のケーブルカー!!
ワイン・トレインナパ・バレーをワイン列車で優雅に観光  その①
サンフランシスコ「マーク・トゥエインホテル」のビリー・ホリデー・スイート

Comments are closed.