ラスベガス

砂漠のオアシス「レイクラスベガス」

レイクラスベガスはラスベガス大通り、通称ストリップから約30㎞離れた場所に位置する高級住宅地&リゾート開発エリアです。

ウェスティンとヒルトンの2大リゾートホテルがあり、長期滞在もできますが、ラスベガスのホテルに泊まって、ちょっとランチを兼ねて遊びに行くぐらいがちょうどいいかも。

別名「シンシティ(罪深い街)」とも呼ばれる、夜の街イメージのラスベガスとは真逆の爽やかなレイクラスベガス。明るい太陽と緑豊かな風景に、身も心も清められる効果があるとか。

レイクラスベガス地区自体は約15平方キロメートル、ほぼ渋谷区と同じぐらいの広さ。地区内には住宅地、ホテル、ゴルフ場などの施設があり、約1.3平方キロメートルの人口湖とその周りの「ザ ビレッジ」と呼ばれる商業施設が観光の中心です。

ヨーロッパのリゾート地を思わせるような街並み。

湖ではウォータースポーツも楽しめます。

アクアパークへの入場は22ドル(45分間)から。

フライボード体験は89ドル(25分間)

その他ボートやカヤックのレンタルもあります。

思いっきり湖で遊んだ後は、湖が見えるレストランのテラスで休憩。

少し涼しくなってきたら、芝生や広場でのんびりと過ごすもの気持ちがよさそう。

(この日は気温40度越えだったので、暑くて誰もいません…

湖のほとりでコンサートなどのイベントも開催され、夜はライトアップがきれいです。

また旅行ができるようになったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

by きょ in Vegas

Lake Las Vegas
https://lakelasvegas.com/

【関連記事】
アメリカを訪問予定の皆様へ
アメリカでマスクをつけるのは当たり前?航空会社の新しい基準
飛行機のってきました! 6月のアメリカ国内線の様子
ワインの名産地:ナパ・バレーの経済活動再開の状況
ラスベガスから日帰りで行くことのできる大自然<レッドロックキャニオン国立保護区>
現地での夏の過ごし方♪ ~南カリフォルニアより~
ラスベガス・プレミアムアウトレット営業再開
アメリカ・スーパーマーケットの様子 ~ロサンゼルス編~

Comments are closed.