ロサンゼルス

アメリカ・スーパーマーケットの様子 ~ロサンゼルス編~

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

日本のニュースでも、カリフォルニア州のコロナ感染者が増加している傾向にあると報道されていましたね。そんな中でも、以前のようなスーパーにトイレットペーパーがない!お米も買っとかなきゃ!というようなことは、ほとんどなくなりました。下の写真がロサンゼルスコロナが騒がれ始めた当時のスーパーの様子です。 ほぼ何もありませんね。。私もこの当時はお水、お米がなくとても焦り、仕事の間の昼休み、仕事が終わってからも何件もスーパーを回ったのを覚えています。。。その当時に比べ、現在ではこんなにも回復しました↓↓↓ お水、トイレットペーパー、また日系スーパーではお米、カップラーメンがたくさん並べられるようにまで回復しました。また、手に入りにくかった、手の消毒ジェル、除菌ペーパー、マスク等、ほぼ全ての商品が在庫ありと表示されています。お店の中に入るときは、マスクを着用し、店内に入れる人数は密を避けるため、限られた人数しか入れません。店内に入るために並ぶときも6フィート離れてソーシャルディスタンスを守るよう地面にテープが貼られています。

いくつかのスーパーでは店員さんがカートを一台ずつ除菌してくれているので、安心して使えます。レジ担当者とお客さんの間には透明のアクリル板が設置してあります。また、セルフレジではお客さんが使用した後、店員さんがその都度必ずタッチパネルの画面やボタンを除菌してくれるところもあります。感染対策もばっちり!

みんながお互いソーシャルディスタンスやルールを守り、だんだん外に出られる日が増えていき、カリフォルニアの天気を満喫できる日が多くなってきました。

皆さんもコロナが落ち着いたら、次の旅行先にアメリカ、ロサンゼルスを考えてみてはいかがでしょうか?

BY ゆう

 

【関連記事】
アメリカを訪問予定の皆様へ
ブルーエンジェルスとサンダーバードが最前線で働く人々に感謝を込めて、飛行
アメリカでマスクをつけるのは当たり前?航空会社の新しい基準
飛行機のってきました! 6月のアメリカ国内線の様子
ワインの名産地:ナパ・バレーの経済活動再開の状況
ラスベガスから日帰りで行くことのできる大自然<レッドロックキャニオン国立保護区>
現地での夏の過ごし方♪ ~南カリフォルニアより~

Comments are closed.