ラスベガス

熱気溢れるダウンタウンラスベガス

巨大カジノホテルが立ち並ぶストリップ地区から北へ車で約15分移動したところにあるダウンタウンラスベガスは、昔ながらのレトロな雰囲気を残しつつも近代化が進んでいるエリアです。夜の街のイメージが強いラスベガスですが、昼間でも40度を超える暑さと人々の熱気が溢れています。

フリーモントストリートエクスペリエンスは、ラスベガスで最も人気が高い観光スポット
屋根一面が巨大スクリーンとなっている約450mのアーケードは、昨年2300万ドルをかけて改修工事が行われ、年末に終了しました。新しいLEDライトは改修前の4倍の解像度があり、映像はより鮮明に明るさも約7倍になりました。以前は夜のショーの時間帯のみ映像が流れていましたが、今は映像が常に流れているので、昼間でも華やかな写真を撮る事が出来ます。

アーケードの柱に設置された電光掲示板には「GUESTS MUST WEAR MASKS」と表示され、人々にマスク着用を促しています。
東側入り口には以前には無かったセキュリティゲートが設置されていました。

フリーモントストリートで人気のアトラクションとなっているのが「SLOTZILLA」と呼ばれるジップラインです。
ジップラインは、アーケードの真ん中辺り建物約7階の高さから座ったスタイルでスタートするタイプの「ジップライン」と、建物約11階の高さからスーパーヒーロースタイルでスタートするタイプの「ズームライン」の2種類あります。

最高時速約60キロで滑空するズームラインスリル満点
チケットは現地でも購入出来ますが、ウェブサイトから事前予約されることをお勧め致します。
ウェブサイト→https://vegasexperience.com/
ジップライン:$29.00 / ズームライン:$49.00 ※2020年8月現在

フリーモントストリートの電飾アーケードを出て東へ徒歩約5分のところに、コンテナパークという屋外ショッピングモールがあります。
名称通りコンテナが積み重なって出来たテナントに、レストランやバー、お土産屋さんなどが入っています。この日も気温42度でしたので、テラス席でビールを楽しんでいる人たちがたくさんいました。

パーク内には屋外ステージがあり、例年はコンサートが行われますが、コロナの影響で2020年のイベントは全てキャンセルとなり、今後のスケジュールは残念ながら未定です。

フリーモントストリートに現在建設中のサーカ・リゾート&カジノの入り口です。
今年の10月28日にカジノがオープン予定で、その2か月後の12月28日にホテルがオープン予定。

カジノにはラスベガス最大のスポーツブックがあり、125フィート(約38m)の巨大スクリーンと6つのプールを備えた屋上デッキを建設中。オープンするのがとても楽しみです。スポーツブックについてはこちらの動画(4分25秒まで早送り)をご参照ください。

暑い日が続くラスベガスですが、ストリップのみならずダウンタウンも観光客で賑わっていました。皆さまもコロナが落ち着いたら、レトロな雰囲気のあるダウンタウンラスベガスへお出かけしてみてはいかがでしょうか。

by HN from LAS

 

【関連記事】
アメリカを訪問予定の皆様へ
ラスベガス空港のビルボード
砂漠のオアシス「レイクラスベガス」
2020年JTBUSA専門ガイドに学ぶオンラインセミナーと街の様子
ワインの名産地:ナパ・バレーの経済活動再開の状況
ラスベガスから日帰りで行く大自然<レッドロックキャニオン国立保護区>
現地での夏の過ごし方♪ ~南カリフォルニアより~
ラスベガス・プレミアムアウトレット営業再開

Comments are closed.